カードローンの「返済を一本化」とは?メリット・デメリットなど

“返済すべきお金を1つにまとめる”といったことを聞いたことがあるでしょうか?
私がキャッシングを利用の開始した当初は、こういったことを聞いたことがなかったです。
しかし、1つの会社のみではお金が不足していたので、複数の会社からキャッシングを行なうことになってから、月々の返済に関して手間がかかることになるかな?と考え始めました。
そして、そのように気にかかり始めたことで、そのことについて調べた結果、このようにいくつかの会社でキャッシングを行なった際は、“返済すべきお金を1つにまとめる”ことをお勧めしますといったことを発見しました。
ここでは、“返済すべきお金を1つにまとめる”ということの意味、そして、それらの良い点や悪い点に関して、私が調べて分かったことについてまとめた上で、お話していこうと思います。
現在、甲、乙の2つの会社からキャッシングを行なっていると仮定しましょう。
キャッシングした金額や金利、そして、返済期日、返済するお金の金額は次に挙げる通りとなっています。
まず、甲社の場合は、キャッシング金額が40万円、金利が18%、返済期日が毎月25日、毎月返済するお金が20000円、支払いの回数が24回、返済するお金の合計が479132円となっています。
それに対して、乙社の場合は、キャッシング金額が30万円、金利が18%、返済期日が毎月末日、毎月返済するお金が10000円、支払いの回数が41回、返済するお金の合計が401551円となっています。
このようにキャッシング総額は70万円となっており、ひと月30000円の返済となっております。
これに加えて返済期日が違っていることから、返済の管理も容易ではありません。
せっかく甲社への返済が完了したと思っても、その直後に乙社の返済をしなければなりません。
また、返済期日を逃してしまうことも考えられなくもありません。
しかし、返済すべきお金を1つにまとめることによって、複数存在する返済期日を1日とすることができ、また月々の返済金額の総額も少なくすることができることとなります。
さらにやり方を工夫すれば、今の金利よりさらに低くすることも可能となります。
では、次にこの1つにまとめるといったことについて、詳しく述べていきたいと思います。
甲社、乙社の条件は先ほどと同じとして、1つにまとめるには別に丙社が必要となってきます。
新たにキャッシングをすることになるため、利用の際には審査を受けなければなりません。
その審査に合格できると、以下のように金利等が変わることとなります。
まず、キャッシング金額が70万円、金利が15%、返済期日が毎月25日、毎月返済するお金が20000円、支払いの回数が47回、返済するお金の合計が926355円となります。
これに関して、1つ参考にしていただきたいのが、1つにまとめることによって、そのキャッシング金額が100万を超過した場合、課せられる上限の利率が15%よりも少なくなるということです。
これは利息制限法と呼ばれる法律によるものです。
つづいてこのように1つにまとめることによる良い点について御紹介したいと思います。
それら3つについて挙げてみると、1つ目は、いくつかあった返済を行なう日が1日となること、2つ目はひと月当たりの返済金額を減らすことが可能となること、3つ目は現在より金利が低くなる可能性が大きいということが挙げられます。
このように、返済を行なう日が月に1回となることや、月々の返済金額が減るとなると、気持ちも楽になるかと思われます。
しかし、このように1つにまとめることにも悪い点は存在します。
その悪い点とは、返済するお金の合計や支払いの回数が増えるケースが存在するといったことです。
そこで、前述した3社についての、“毎月返済するお金”、“支払いの回数”、“返済するお金の合計”の3点に注目してほしいのですが、それらを見ると、毎月返済するお金は確かに減っていて、気持ちが楽にはなりますが、その反面、支払いの回数や返済するお金の合計は増えています。これが1つにまとめることの悪い点の1つと言えます。
さらに、1つにまとめることで、キャッシング金額も多くなり、その分審査も厳しいものとなるでしょう。これも悪い点と言えます。
また、複数の会社からキャッシングを行なっていたり、返済期日に返済を行なっていないとなると、審査で不合格とされる場合がありますから、御注意下さい。
最後にまとめとしまして、一見するとキャッシングしたものを1つにまとめることは、利便性が高いように感じられますが、その裏には悪い点というものも存在します。
人それぞれ月々の返済金額を小さくしたかったり、なるべく早期に返済を完了させたかったりと目的は異なるものです。
そういったやりたいことに合わせてまとめることを考えなければならないのは当然として、その上で金利に関しても出来る限り低くなるようにしなければ、返済するお金の合計が大きくなることになるので、注意が必要です。
容易に管理が出来るからといった理由のみで、まとめることを決定するのは避けた方がよいと思われます。