カードローンの「返済を一本化」とは?メリット・デメリットなど

“返済すべきお金を1つにまとめる”といったことを聞いたことがあるでしょうか?
私がキャッシングを利用の開始した当初は、こういったことを聞いたことがなかったです。
しかし、1つの会社のみではお金が不足していたので、複数の会社からキャッシングを行なうことになってから、月々の返済に関して手間がかかることになるかな?と考え始めました。
そして、そのように気にかかり始めたことで、そのことについて調べた結果、このようにいくつかの会社でキャッシングを行なった際は、“返済すべきお金を1つにまとめる”ことをお勧めしますといったことを発見しました。
ここでは、“返済すべきお金を1つにまとめる”ということの意味、そして、それらの良い点や悪い点に関して、私が調べて分かったことについてまとめた上で、お話していこうと思います。
現在、甲、乙の2つの会社からキャッシングを行なっていると仮定しましょう。
キャッシングした金額や金利、そして、返済期日、返済するお金の金額は次に挙げる通りとなっています。
まず、甲社の場合は、キャッシング金額が40万円、金利が18%、返済期日が毎月25日、毎月返済するお金が20000円、支払いの回数が24回、返済するお金の合計が479132円となっています。
それに対して、乙社の場合は、キャッシング金額が30万円、金利が18%、返済期日が毎月末日、毎月返済するお金が10000円、支払いの回数が41回、返済するお金の合計が401551円となっています。
このようにキャッシング総額は70万円となっており、ひと月30000円の返済となっております。
これに加えて返済期日が違っていることから、返済の管理も容易ではありません。
せっかく甲社への返済が完了したと思っても、その直後に乙社の返済をしなければなりません。
また、返済期日を逃してしまうことも考えられなくもありません。
しかし、返済すべきお金を1つにまとめることによって、複数存在する返済期日を1日とすることができ、また月々の返済金額の総額も少なくすることができることとなります。
さらにやり方を工夫すれば、今の金利よりさらに低くすることも可能となります。
では、次にこの1つにまとめるといったことについて、詳しく述べていきたいと思います。
甲社、乙社の条件は先ほどと同じとして、1つにまとめるには別に丙社が必要となってきます。
新たにキャッシングをすることになるため、利用の際には審査を受けなければなりません。
その審査に合格できると、以下のように金利等が変わることとなります。
まず、キャッシング金額が70万円、金利が15%、返済期日が毎月25日、毎月返済するお金が20000円、支払いの回数が47回、返済するお金の合計が926355円となります。
これに関して、1つ参考にしていただきたいのが、1つにまとめることによって、そのキャッシング金額が100万を超過した場合、課せられる上限の利率が15%よりも少なくなるということです。
これは利息制限法と呼ばれる法律によるものです。
つづいてこのように1つにまとめることによる良い点について御紹介したいと思います。
それら3つについて挙げてみると、1つ目は、いくつかあった返済を行なう日が1日となること、2つ目はひと月当たりの返済金額を減らすことが可能となること、3つ目は現在より金利が低くなる可能性が大きいということが挙げられます。
このように、返済を行なう日が月に1回となることや、月々の返済金額が減るとなると、気持ちも楽になるかと思われます。
しかし、このように1つにまとめることにも悪い点は存在します。
その悪い点とは、返済するお金の合計や支払いの回数が増えるケースが存在するといったことです。
そこで、前述した3社についての、“毎月返済するお金”、“支払いの回数”、“返済するお金の合計”の3点に注目してほしいのですが、それらを見ると、毎月返済するお金は確かに減っていて、気持ちが楽にはなりますが、その反面、支払いの回数や返済するお金の合計は増えています。これが1つにまとめることの悪い点の1つと言えます。
さらに、1つにまとめることで、キャッシング金額も多くなり、その分審査も厳しいものとなるでしょう。これも悪い点と言えます。
また、複数の会社からキャッシングを行なっていたり、返済期日に返済を行なっていないとなると、審査で不合格とされる場合がありますから、御注意下さい。
最後にまとめとしまして、一見するとキャッシングしたものを1つにまとめることは、利便性が高いように感じられますが、その裏には悪い点というものも存在します。
人それぞれ月々の返済金額を小さくしたかったり、なるべく早期に返済を完了させたかったりと目的は異なるものです。
そういったやりたいことに合わせてまとめることを考えなければならないのは当然として、その上で金利に関しても出来る限り低くなるようにしなければ、返済するお金の合計が大きくなることになるので、注意が必要です。
容易に管理が出来るからといった理由のみで、まとめることを決定するのは避けた方がよいと思われます。

クレジットカードが割れた!修復や再発行(交換)をして貰うべきかどうか。

本記事では、万が一クレジットカードを何らかの原因で割れてしまった場合にどうしたらよいか?といったことについてのお話をしていきたいと思います。
皆さんの中にもクレジットカードを割ってしまって、慌ててセロファンテープのようなものを貼ってくっつけた、という御経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは絶対にしてはいけないことですから、今後はもう一切そのようなことはしないで下さい。
言うまでもなく、強力な接着剤でくっつけるといったこともしてはいけません。
それをしてはいけない理由については後ほど、お話します。
万が一、そのような状況になった場合は、会社に電話をして新たにクレジットカードを作ってもらうことがあなたにとって、最も安全で確実な方法であると言えます。
では、なぜ自分でそのような直し方をしてそれをまた使おうとすることがいけないのか?ということについてお話していきたいと思います。
それは、そういった1回割れてしまったようなカードを機械に通すことによって、通した機械そのものに異常が起きてしまうリスクが考えられるからです。
皆さんもショッピングをする際にレジでクレジットカードを利用されることがあるかと思われますが、その際に専用の機械にクレジットカードを通しているのを見たことがあるでしょう。ちなみにこの機械はCAT端末と呼ばれます。
そして、もし、あなたが所有しているクレジットカードが正常ではないことが分かっていて、それを使用することによって、そのCAT端末の機械の中でカードの欠片が詰まる等によって、壊してしまったとなるとどうなると思いますか?
当然、それを使用しているお店の方には勿論、他の利用客の方にも多大な迷惑をかけてしまうことになるでしょう。
さらには、正常ではないと分かっていてクレジットカードを使用したのですから、機械の修理代等も負担しなければならなくなります。
このようなことから、そういったリスクを犯してまで割れてしまったようなクレジットカードを使うメリットは何一つないことが分かるでしょう。
ですから、万が一クレジットカードを割ったりしてしまった際には、セロファンテープや強力な接着剤で直すこと等は一切考えずに、素直に新たにクレジットカードを作ってもらうのがベストと言えるのです。
そういった手続きも簡単に行なうことが可能で、クレジットカード会社にサポート専用ダイヤルのようなものがあるかと思いますので、ただそこに電話をすることによって、新しいクレジットカードを手に入れることが出来ます。
再びクレジットカードを作るとなると、確かに手数料が取られることになりますが、機械を壊してしまった際に取られるお金と比べれば、全然高くないものであるのは間違いないでしょう。
最後にこれまでのことをまとめていくと、まずクレジットカードを壊してしまった時にはそれは絶対に使わないようにすることです。セロファンテープ、強力な接着剤で見た目はくっついているように見えても、機械に通したときにそれが取れてしまい、中に欠片が詰まったり等で機械を壊してしまったら、多くの方に迷惑がかかってしまい、あなた自身も壊してしまった機械の修理代を支払ったりしなければならない可能性も考えられますから、絶対にそれはやめましょう。
クレジットカードが割れたりした時は、クレジットカード会社に電話をして新しいクレジットカードを発行してもらうのが1番です。
また、クレジットカードの発行には手数料が取られますが、修理代等と比べると安いのは間違いありません。
これまでお話したように、クレジットカードを万が一壊してしまったとしても、新たに作ってもらえばいいのですが、日頃からきちんとこういったカードの取り扱いに気を付けていれば割れるといったことも起きにくいかと思われます。
ですから、クレジットカードは専用のケースに保管しておいたり、必要な時以外はなるべく、持ち歩かないといったことによって、壊してしまうようなリスクも減らせますし、さらには紛失する可能性も減らすことが出来るでしょう。それだけクレジットカードは大事なものだという意識を持つことも大切です。

アコムが家族にばれる5つのパターンとバレないための対策方法

アコムでキャッシングを行なったとすると、それを家の人に知られてしまうのでは?といったことを思われる方は沢山いらっしゃるかもしれません。
ですが、アコムは消費者金融の中でも大きい会社ですので、キャッシングを利用している方の情報については外部に漏れないよう努めています。
そういった配慮からアコムを利用したとしても家の人に知られる心配は殆どないでしょう。
本記事は、そうは言ってもやはり不安が残るという方に向けて、アコムでキャッシングを行なっていることが知られるとすれば、どういった時か?ということについて、お話していきたいと思います。
アコムでキャッシングを行なう時の対策として、参考にしていただければと思います。
今回は5つの場面について見ていきます。
まず、1つ目が、お申し込みをする際にその場面を見られてしまうということが挙げられます。
これは、あなたがアコムでキャッシングを申し込もうとする際に、お店に出入りするところ、もしくは“むじんくん”を利用しているところを見られるといった事になります。
これの対策としては、利用しているところを見られなければいいわけですから、WEBを用いてお申し込みを行なうことによって、お申し込み時にその場面を見られるといったこともありませんし、またWEBからであれば、1日中それが出来ますので、スマホ等を用いて家の人が見ていないところで行なうと良いでしょう。
2つ目が、郵便物が家に送られてくることによって、知られてしまうといったことが挙げられます。
確かにこれを本当にされてしまうと知られてしまう可能性が大ですが、アコムにおいてはお申し込み時に家に郵便物を送るか否かこちらで決めることが可能ですので、そのような心配は無用となっています。
万が一、このことを決めなくて、家に郵便物が届いた場合であっても、その郵便物にはアコムとは書かれておらず、”ACサービスセンター”と書かれているので、郵便物で家の人に知られるといったことはまずありませんので、御安心下さい。
ちなみに、こういった郵便物について決める時には、通常はアコム側から“郵便物はどうするか?”といったことを質問してくることとされています。
3つ目が、家にアコムから電話をされることによって知られる場合が挙げられます。
これに関しても殆ど心配は無用と考えても良いかと思われます。
どうしてかと言うと、アコムでは利用者の家に電話をしてくるようなことはなく、もし電話をしてくるとすれば、それは、キャッシングを行なっているものが返済が出来ていない時にその利用者の携帯電話等に電話をしても繋がらない時とされています。
そして、この際の連絡の順番としては、まず上記の携帯電話に連絡してみて連絡が取れないと次に、勤務先の会社に電話をし、それでも連絡が取れない時に最後の手段として家に電話をすることになっております。
そのため、家にまで電話がかかってくるのはまず考えにくいというのが分かるかと思われます。
さらに言うと、たとえ家に電話をかけてきた場合であっても、その際は“アコム”という会社名は出さずに、かけてきている個人の名前で話すことになっていますので、電話によって家の人に知られることは考えにくいと言えます。
4点目は、アコム専用のATMを利用によってその場面を見られてしまうといったことが挙げられます。
ちなみにアコムのお店、専用のATMを利用したとしても手数料を取られることがないとされており、様々な場所で利用することが可能となっております。
といったこともあり、知られてしまう可能性が大きいように感じますが、それは誤解で都市部ならビル等の建物の中にそういったATMが置かれているケースが多く、そのため、誰かに見られるといった心配はそれほど要らないでしょう。
ですが、田舎になるとビル等の建物が少ないため、目立つところにATMが置かれているところも少なくありません。
そのため、田舎に住まれている方であれば、専用のATMではなく、提携先となっているATMを御利用になられると良いでしょう。
提携先となっているATMとしては、コンビニ等に置かれているATMが挙げられ、御利用には105円から210円ぐらいの手数料を取られることになりますが、この利用によってアコムでキャッシングを行なっていることを知られるといった心配はなくなります。
5つ目は、アコムでキャッシングを行なうためのカード、もしくはアコムの利用明細を発見されて知られてしまうといったことが挙げられます。
こうならないようにする為には、まず、利用者の自己管理が大事ということも言えますが、その他にもキャッシングのカードを使わずに、銀行口座への振込みを利用してキャッシングを行なうといったことも1つの手と言えるでしょう。
このように銀行への振込みであれば、キャッシングを行なう際もWEBにてお申し込みが可能となっており、キャッシングのカードも不要となっております。
さらに、利用明細が発行されない為、そういったことに気を遣う必要もなくなりますので、自己管理が面倒な方には推奨出来るものと言えます。
最後にこれまでのことをまとめていくと、アコムでキャッシングを行なったとしても家の人に知られるようなことはまずありません。
アコムは消費者金融の中でも大きい部類の会社であり、御客様の情報が外部に漏れるようなことがないよう努めています。
例えばこのような対策として、郵便物を家に送られてこないようにこちら側で決めることが可能となっており、電話に関してもまずは利用者の携帯電話、勤務先といった優先順位になっているため、家にかけてくるようなことはそれほどありませんし、家に電話をかけてきたとしても、“アコム”といった会社名は出さないようにしています。
さらにこちら側としてもお申し込みを1日中対応可能なWEBで行なうようにしたり、もしくは提携先となっているATMを利用すること等によって、より対策は万全となってきます。
このように、家の人にキャッシングを行なっていることを知られないようにするために、会社側では色々協力してもらえますが、これをより確実にするためには、カードを目立つところに置かない等といった自己管理も忘れずに行なうようにして下さい。

イオン銀行「カードローンBIG」の返済が延滞した場合。まずやるべきことは?2

ですが、どうしても返済を行なえそうにないことが分かった場合、どうすればよいのでしょうか?
その場合は、返済が出来ないことが分かった時点で、イオン銀行に電話をし、指示を仰ぐことが大事です。
ただ、それを行なったとしても、1日でも返済が遅れることによって、イオン銀行のみならず、保証会社にまでその事実が残ってしまいますし、それが繰り返されると利用者の銀行からの信頼はほとんどなくなってしまいます。
そうなってしまっては、今度は数日の遅れでも信用情報機関に記録が残されたり、借り入れも出来なくなってしまいます。
このように借り入れが出来なくなるのが、返済が遅れた会社だけならまだ他から借りることも考えられますが、あるカードローン会社の保証会社が遅れたところ(会社)と同一であった場合はそこの会社からも借り入れがしにくくなることも全くあり得ない話ではありません。
したがって、このような事態を回避するためには、返済を行なえそうにないこと、もしくは返済に遅れてしまったことに気付いた時点で、イオン銀行に返済を行なう気持ちを精一杯表現することが大事になってきて、もし、具体的な返済日時を尋ねられた時は、きちんとお詫びの気持ちを持ちながらその日時をお話するようにして下さい。
ここで大切なのは、返済が行なえない状況になっても、何故そうなったのかを偽りなくお話することであって、これを行なうことにより、イオン銀行もきちんと対応してくれるかと思われます。
最後にこれまでのまとめとして、今回はイオン銀行の商品である“カードローンBIG”の返済が遅れた時のお話をしてきました。
カードローンBIGで借り入れしたお金の返済が遅れることによって利率が19.8%の遅延損害金が発生し、これは遅れていない時の分と合算して支払うことになります。
また、返済が遅れると最初はイオン銀行から郵便で連絡が来ることになっており、それでも行なわずにいると、利用者の携帯電話、自宅といったようにどんどん連絡の範囲が広がっていくことになり、当然この間は新たな借り入れをすることも出来ません。
そして、信用情報にも傷が付くことになり、最終的には差し押さえとなります。
信用情報の傷は返済を行なってもなかなか消えることはなく、その間は色々な弊害が起きるとされています。
このことからもお分かりの通り、借り入れしたお金を返済するというのは非常に大事な事であり、たとえそれが少ない金額であっても同じで返済を遅らせるべきではありません。
万が一返済が行なえそうにない場合や遅れたことに気付いた場合は、その時点で会社に連絡を入れるようにしましょう。

イオン銀行「カードローンBIG」の返済が延滞した場合。まずやるべきことは?1

カードローンで借り入れしたお金の返済日を逃した理由して、“気付いたら返済日が過ぎてしまっていた”いうことが意外に多いとされています。
他にも、突然の交通事故、自身が病気にかかったという理由もあるわけですが、どちらにしても返済日に返せないというのは良いことではありません。
そこで、今回はイオン銀行の商品である“カードローンBIG”で借り入れしたお金の返済が遅れるとどのようなことが起きるのかといったこと、さらに、その時にはどのような対応を取ればよいのか見ていきたいと思います。
まず、カードローンでは返済が遅れてしまうことにより、遅延損害金というものが出てきて、大体は20%とされていますが、“カードローンBIG”では、年利19.8%となっていますので、他と比べると若干低い数字に設定されています。
この利率については、返済日となっている日の次の日から科せられることとされており、返すべきものを返し終えるまでの間、1日あたりに計算して加えられることになります。
この場合の遅延損害金の返済については遅れていない分のお金と合算して返済することとされています。
このことだけでもかなりの打撃となりますが、それに加え返済を行なわない間は、たとえ借り入れ可能な上限金額に達していない状態でも、新たな借り入れを行なうことが出来なくなりますし、また返済状態がひどい方ですと、返済を行なったとしても今後は一切借り入れ不可能となることすらありますので、返済日には十分注意しましょう。
その他にイオン銀行側が行なうこととしては、最初は郵便で返済が行なわれていないことを伝えるとともに、遅延損害金の分も口座から引かれることをお知らせします。
この時はまだ、イオン銀行側もそれほど深刻にはなっていないと見ることができますが、その後も返済をしないでいると、次は利用者の携帯電話に電話をかけてきたり、それでも連絡が取れないとなると、利用者の家や会社とあまりかけてきてほしくないところまで次々と電話が来ることになりますし、さらには、信用情報機関へ今回のことが記録もされることになります。
テレビで見かける暴力的な事は行なわれませんが、それに甘えて支払わないでいると、今までは分割で請求されていたものが今度は1回での返済を求められたり、もう少し進むと裁判を起こされ、最後は差し押さえにまで発展してしまいますので、そこまでいかないうちにきちんと返済は行なうようにしましょう。
ここまでで、返済はきちんとしなければならず、遅れた時の怖さも理解出来たかと思われます。

イオン銀行「カードローンBIG」の追加融資と限度額増額の申し込み方法2

増やせないだけならまだ良いのですが、最悪の場合、今より上限金額を減らす引き金ともなりかねませんので、あまり考えずにこの審査を受けるのは非常に危険なことであります。
上記のことを良く理解した上で、審査のお申し込みを希望される方は、イオン銀行の店頭窓口、郵便、インターネットでお申し込みをすることになりますが、イオン銀行では利用者自らの意志でお申し込みをすることの他にもイオン銀行の方から上限金額を増やすことについての提案をされることがあり、1番良い提案のされ方は銀行できちんとした数字を出してきているものです。
例えば、“50万円に上限金額を増やせますが、いかがでしょうか?”といった内容になるかと思われます。
このような提案をされた方は、大方の人は上限金額を増やすことが出来ると言われています。
最後にこれまでのまとめとして、今回はイオン銀行の“カードローンBIG”にて今より多くのお金を借りることについて、2つのパターンを例に挙げてお話してきました。
現在の借り入れの金額が初めに設定された上限金額に達していない状態であれば、それまでと同じように借り入れのお申し込みをすればよく、それを返済することで返済した金額の分だけ借り入れ可能な金額が増えることになります。
一方、上限金額まで来てしまっている方は、それ以上のお金は借りられないので、借り入れ可能な上限金額を増やす必要があり、そのお申し込みをした後、審査を受けることになります。
お申し込みは、イオン銀行の店頭窓口、ネット、郵便で行なうことが出来ますが、銀行側の印象が良くない状態で、安易にお申し込みをしてしまうと、上限金額を増やせないばかりか、反対に減らされてしまうこともあるので、よく考えてからお申し込みはするべきです。
逆に銀行側からの印象が良い方は銀行の方から上限金額を増やすことについての提案をされることがあり、その提案の中で“50万円に増やしませんか?”といったように数字を出してきた時には、審査で合格する確率は非常に高いとされています。
これまでお話したことから、最初に決められた上限金額の間であれば、自由に借りたり返したりすることができ、今の上限金額で足りなくなった時には上限金額を増やすことも出来るといったことがカードローンを利用することの利点であります。
しかし、カードローンの利用はお金を借りているということを常に忘れてはいけません。
過剰な借り入れはその後のあなたを苦しめることにもなりますから、返済計画を立てた上で借りていくようにして下さい。

イオン銀行「カードローンBIG」の追加融資と限度額増額の申し込み方法1

カードローンを利用し始めた当初は聞かなかったとしても、長く利用していると、“今借りているお金に加えてさらにお金を借りる”といったこと、“現在設定されている借り入れ可能な上限金額を増やす”等といったことが出てくるようになります。
これらはいずれも、「今より多くお金を借りる」という意味で同じに聞こえますが、実は全然違うものです。
そこで今回は、これらはどういった点で異なってくるのか、御紹介していくとともに、それらを実現するためにはイオン銀行の“カードローンBIG”ではどうすればよいか見ていくことにします。
まず、“今借りているお金に加えてさらにお金を借りる”というのは、予め決められた借り入れ可能な上限金額に達していない状態でお金を借りることを指します。
例を挙げると、借り入れ可能な上限金額が50万円に設定されている状態で、まずは、10万円を借りたとしましょう。
この場合の残りの借り入れ可能な金額は50万円から10万円を差し引くことで求められ、40万円となりますので、この10万円を返済しなくても40万円以内であれば借り入れが行なえることが分かります。
そして、この10万円を返すことによって、再び借り入れ可能な金額が50万円まで戻ることになります。
したがって、上限金額内であれば、インターネットもしくはATMにて借り入れの申し込みをすれば、いつでもお金を借りられることになりますので、特別な手続きは必要ありません。
こういったシステムは、今回のイオン銀行だけではなく、どこの会社のカードローンであってもほぼ同じものとなっています。
では、もう1つの“現在設定されている借り入れ可能な上限金額を増やす”というのは、上限金額まで借りてもまだお金が不足しているので、さらに借りられるようにすることを指します。
これは先ほどとは違い、新たなお申し込みが必要になり、お申し込みをした後は初めてカードローンBIGを利用する時と同じように審査が行なわれ、最初と同じように審査に合格しないことには、上限金額を増やすことが出来ません。
よって、審査を行なった結果、利用者の印象が悪いと上限金額を増やせなかったり、増やせても自分が思ったほどではないということもあると言われています。

ノーローンで融資を受ける場合はATMが便利

ノーローンでお金を借りた経験はあるでしょうか。ノーローンでお金を借入し、現金を受け取るまでにはリアルタイム融資と呼ばれるインターネットから口座振り込みをしてもらう方法、電話を通じて口座振り込みを行ってもらう方法、コンビニや銀行などの提携のATMを使ってお金を借り入れる方法の3つが挙げられます。この3つの方法の中で提携ATMを使う方法は、ローンカードがあればどこでもお金を受け取ることができるので人気を集めています。提携のATMにはレイク、新生銀行、コンビニのローソン、イオン銀行、セブン銀行、ファミリーマートやサンクスで利用できるE-net、など複数のATMでも使用できるのですが、手数料が発生するので気を付けなければなりません。この中で手数料がかからないのはレイクのATMだけで、同じグループの新生銀行のATMやその他のATMを使う場合は手数料がかかるので覚えておきましょう。ATMを使わない方法を選択するなら、保有している銀行口座に振り込む方法方が普通ですが、銀行口座によっては曜日や時間帯により振込時間が違ってくるので注意が必要です。

ノーローンの審査の仕組み

キャッシング会社を利用する場合、その会社がどのような会社なのかという評価以外にも審査が厳しいのではないかと心配する方が多いのではないでしょうか。インターネット上であふれている口コミサイト等を見てみて、どのような人物が審査に受からなかったのか、自分のレベルで審査に通過することができるのかなどを考えながらキャッシング会社を選択することが大事です。例を挙げると、他の理由があるかもしれませんが、致命的な理由としてノーローンの審査に通過しなかった方の多くは、他社からの借入額が年収のうち3分の1を超えていたことが理由として挙げられます。法律上で、年収の3分の1を超える額を借入してはいけないという決まりがあり、ノーローンも総量規制対象のローンに含まれるので当てはまります。審査の厳しさや甘さを考える前に、どのキャッシング会社に申請しても通過しないような理由を持っている方は利用を考えるべきでしょう。この年収は何に基づいて決めているのか気になるところです。
前年度の源泉徴収票や納税証明書を基本的には参考にしますが、直近の給与明細を収入証明として申告が可能です。残業などで直近の給料が上がったケースではこの方法を利用することをおすすめします。評価が上がれば借り入れが可能になるかもしれませんし、そのような方は一度申し込んでみると良いかもしれません。

キャッシングのしやすさにおいてノーローンの評判は上々

ノーローンのキャッシングを利用したことがない方にはどのようなものか気になるところですし、金利はどのくらいなのか不安です。ノーローンのキャッシングの特徴として挙げられるのは、非常に金利が安いことです。金利が安いのでたくさんの方に使われており、新生銀行ノーローンはキャッシングが簡単な会社として評判が良いです。ノーローンで最もお得なサービスは借入後の1週間限定で金利がタダになるサービスです。他の会社では通常で1回しか使用できないサービスなのですが、ノーローンではこの金利が無料になるサービスを何度でも使うことが可能です。給料日前でお金が無くなったとしても1週間以内にお金を返せるのならば、利用せずにはいられません。ルールを守れる方には非常に便利で使いやすいサービスです。銀行系のカードローンのノーローンは、申請してから発効までに時間があまりかからないのも人気を集めている理由の一つとして挙げられます。他社よりも手間がかるのではないかというイメージを銀行系のカードローンは持たれがちですが、ノーローンではそうではありません。加えて、専業主婦が利用できないことが多いカードローンですが、ノーローンであれば主婦を対象としている主婦専用カードというものもあるので、たくさんの主婦の方が使っています。さらに楽天ポイントもたまるというお得なサービスも付加されているので人気を集めています。