キャッシングとカードローンの違い

クレジットカードにはキャッシングという機能があります。
また、カードローンという言葉もあります。
一見似ている言葉なのですが、意味が若干異なるのです。
キャッシングは、次の引き落としのときに原則全て返済しなければならないお金の借り方です。
つまり、一時的にお金を借りたいときにのみ利用することができまる。金利は支払いまでの間払うことになります。
カードローンは、「ローン」という名の通り、借りたお金を分割して返します。
金利は全て払い終えるまで、残っている残高に応じてかかることになります。
しかし、意味が似ているので混同して使われている場合もよくあります。
いずれも借りたお金に金利がかかるので、よほどのことがない限りしないほうが良い、と心がけておけば良いのです。

初めての人には
クレジットカード会社への入会が初めてで、どのカードが良いのかよくわからない方には年会費無料のクレジットカードが良いと思います。
維持費が不要で、少しずつ使いながら「クレジットカードの使い方」を学ぶことができます。
クレジットカードのメリットは、支払いや引き落としで付与されるポイント特典。これはカードを使うだけで利用額の数%が還元されるものです。
どこのお店でも統一して1%還元のお店もあれば、お店によって1~20%の還元と様々なものもあります。
同じ支払いをするのなら、還元率の高いのクレジットカードで、還元率の高いお店を利用したいですよね。
また、「すぐに作りたい」という方には「楽天カード」をおすすめします。
年会費が無料で、ポイント還元は1%です。つまり、100円ごとに1ポイント付与されます。
顧客満足度調査でも5年間常に1位で安心のクレジットカード会社です。
国際ブランドもVISA、JCB、マスターカードから選ぶことができるので、非常に使えるお店が多いのも、初心者におすすめしたい店です。

クレジットカードの仕組み

ここではクレジットカードの仕組みについて説明したいと思います。
まず、クレジットカード会社はお店や会社に対して「売り上げが上がる」とプレゼンして加盟店を募集します。
そのクレジットカード会社の加盟店となったお店では、カードの利用客は現金を持っていなくても商品を買うことができます。
そのため、クレジットカードを使う人は値段が高い商品も買うことができるようになります。
すると加盟店の売り上げは上がるのです。
加盟店は売り上げが上がったことの見返りに、客がクレジットカードで買い物をしたときの代金3~5%ほどを加盟店手数料としてカード会社に納めます。
また客が分割払いでクレジットカードを使った場合、客は分割手数料をクレジットカード会社へ納めます。
さらにクレジットカードの年会費がある場合は、それもクレジットカード会社の貴重は収入源です。
つまり、
・クレジットカード会社は「加盟店手数料」「分割手数料」「年会費」を利益とする。
・お店は売り上げアップのために手数料を払ってでも加盟店になるメリットがある。
・客は現金を持ってなくてもお店で商品が買え、買った値段によっても様々なサービスを受けられる。
クレジットカード会社、加盟店、客それぞれにメリットがあるわけです。

どのように使用するのかを考える

まず、クレジットカードを選ぶ前に考えたいことは「クレジットカードを自分はどのように利用するのか?」ということです。
せっかくクレジットカードを作っても、使う機会がなければ使用しないでしょう。つまり、「自分が使いたい場所で使えるカードを作る必要がある」のです。
自分がよく利用する店舗でのお買い物がお得になるのが最適です。
例えば、車で移動することが多い方なら、ガソリンスタンドで利用でき、割引やポイントなどのサービスがあるクレジットカードならお得ですよね。
このように、自分がクレジットカードを使えたら便利、お得なお店、サービスを考えてみましょう。

年会費とポイントプログラムのチェック
クレジットカードを選ぶポイントとして多くの人が大事にするのが「年会費無料である」ことです。
クレジットカードを作るということは、クレジットカード会社の会員になることであり、通常は年会費が必要です。
年会費無料であれば当然、会員の負担がないことになります。それだけでもお得感ありますよね。
クレジットカードには利用するだけでポイントが貯まり、貯まったポイントをギフト券や商品に交換できるシステムがあるものがあります。
このポイントプログラムの有無や内容はクレジットカード会社ごとに少しずつ違うので、自分が交換したいと思えるものがあるものを利用すると良いかもしれませんね。

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、個人もしくは法人の信用に基づいてクレジットカード会社から発行されるカードのことです。クレジットカード会社の加盟店で一定の限度額内でショッピングをしたり、ATMからキャッシングしたりすることができます。クレジットカード会社ごとに加盟店数は異なります。クレジットカードの利用代金は後日あなたがあらかじめ指定しておいた金融機関講座から引き落とされます。
それぞれのクレジットカード会社は会員を獲得するためにいろいろな付加価値をつけたクレジットカードを発行しています。たとえば、利用金額に応じてポイントがたまり、ポイントに応じて商品の交換できたり、海外旅行中の病気や怪我の治療費を保証してもらえる海外旅行傷害保険などです。そのため、様々なクレジットカード会社のサービスを比較して、自分に1番合うカードを選ぶことで、クレジットカードのメリットを最大限に引き出し、お得に利用することができます。

自宅情報

一般的に未成年の場合、個人的にお金の借入をする事は日本では認可されていません。
例えばキャッシングを申し込む事までなら可能ですが、審査の段階になると殆どの人が落とされています。
金融業者によっては未成年でも審査が通る場合もありますが、親権者の同意を得られる事が条件です。
ところが、未成年の場合でも一定の条件ラインをクリアしていればキャッシング可能になるケースもあります。
今回は、未成年がキャッシングを行う時に必要なノウハウを説明致します。

?・なぜ、未成年によるキャッシングは難しいのでしょう?

 

少子高齢化が進み

消費者金融のイメージと言えば、
 「お金を借りたい個人が、気軽にキャッシングによるお金の借入が出来る・・」
 と思っている方が多いのではないでしょうか。
 しかし、実際にお金を借りる時、他の金融機関とどんな風に違うか理解出来ていない人もいると思います。
 そして、消費者金融とは、ドラマや映画の話に出来て来る様な、
 自己破産や多重債務などと言った良くないイメージを持たれている方も少なくはないと思います。
 今回は、消費者金融とは、どの様な特徴を持っているのかなど、
 色々な不安や疑問について解りやすく説明

介護に必要な費用

具体的に言いますと

・キャッシングを利用する際、気になる利息の計算方法ですが、
 借入の返済シミュレーションのある、ナビナビキャッシングを使うと簡単です。

・一般的に年利が18.0%の場合、30日間で10万円の借入を行うと、
 大体1,500円の利息となります。

・ほとんどのキャッシングでは、年利を18.0%の上限金利にしています。
 因みに悪徳業者とは法廷金利を超えて20%以上でお金を貸したりしますので注意してください。

自分で利息を計算しなくてはならない・・と考えると、何だか難しそうでい

自動車ローン

自動車ローンを組むときは、車を購入するディーラーで申し込むとケースが多いですが、
最近は、クレジットカードを利用したり、銀行や信用金庫、JA(農協)、損害保険会社等で
ローンの契約をする人も増えているようです。

ディーラーの提携会社でローンを組むメリットは、手続きが簡単で審査にも通りやすい事ですが
クレジットカードと同様、銀行などと比較すると、金利が高く不利な取引といえます。

車の購入のために、カードローンやキャシングを利用することも可能ですが、これらは
最初は限度額が低く設定されていますから、新車の購入のような、高額な借り入れは難しくなります。

ローンの比較・銀行/信販会社

信販会社系・・・ディーラー・信販会社
メリット・・・手続きが簡単・審査期間が短い・審査が通りやすい
デメリット・・・金利が高い・車の所有権は、ローンの完済までディーラーか信販会社になる

銀行系・・・銀行・信用金庫・労働金庫・農協・保険会社等
メリット・・・金利が低い・ローンの完済前でも、車の所有権は自分になる
デメリット・・・審査期間が長い・審査基準が厳しい

ディーラーで自動車ローンを申し込んだ場合でも、ディーラーがお金を貸してくれるわけではなく
ローンの契約は、提携しているクレジット会社か信販会社と結ぶことになります。

ディーラーローンのメリットは、とにかく手軽で簡単なことです。
審査にかかる期間も短く、勤続年数が短くても安定した収入さえあれば、審査にも通りやすいようです。
デメリットは、銀行系のローンと比較して、金利が高いことです。

銀行系のローン

銀行系のローンの場合、審査基準は厳しくなりますが、信販系と比べて金利はかなり安くなるので
利用する人も多くなっています。

初めて車を購入する人や、とにかく面倒なことが嫌い、という人にはディーラーローンが手軽で良いかもしれませんが
金利を気にする人や、より賢くお金を借りたい人には、銀行系のローンがお勧めです。

銀行系ローンと信販系ローンの違いは

銀行系ローンと信販系ローンの大きな違いは、購入した車の所有権が誰にあるかという事です。

ローンの申込をディーラーでする場合、ローンの返済期間中の所有権は、基本的に信販会社か
ディーラーにあります。
銀行系の自動車ローンの場合は、返済期間中でも所有権は自分にあります。

これは車検証を見るとわかるのですが、車検証の左下の方に「所有者」と「使用者」の記載があり、
ローンをどこで申し込んでも「使用者」は自分自身になりますが、「所有者」の記載はローンの申込先により異なるのです。

所有者の名義が信販会社やディーラーと記載されている状態を「所有権留保」と言い、この状態の場合
名義変更や車の売却を勝手にすることはできません。
ローンを返済し終わった時点で、所有権留保解除手続きを行い、そこで初めて車の名義を自分に変えることができます。

何らかの事情で、ローンの返済途中で所有権留保がなされている車を売却したい場合には、
ローンの残金を一括返済して所有権留保を解除するか、別のローンの借り換えなどが必要となります。

キャッシングの種類について

・銀行系のキャッシングとは、どの様なものでしょうか?

銀行系のキャッシングとは、それぞれの銀行や信用金庫が提供するカードローンやフリーローンの事を言います。

銀行系キャッシングで一番のメリットは金利にあります。
もちろん各々の銀行で多少の違いがありますが基本的には、14%から17%です。
消費者金融と比較してみますと金利が低く設定されています。
どうしても高額のお金を借りたい時には銀行系を選択すると総返済額を少なく抑えられます。
それ以外では総量規制法の対象外というメリットもあります。
総量規制法と言うのは、国が作った法律です。
基本的には消費者金融を利用してお金を借りる個人向け融資として「年間の収入に対して3分の1より超えた貸付を行ってはならない」と規定されています。
例えば300万円が年収でしたら、どんなにお金が必要でも100万円以内でなければお金を借入する事が出来ません。
しかし銀行系は総量規制法の対象外なので、年収の3分の1を超えてもお金を借りる事が出来ます。
もし始めに銀行から100万円をすでに借りている場合、総量規制から外れているので、法的には問題が無く消費者金融から100万円を借りられます。
予め銀行から先に借りれば、まとまったお金が必要になった時、
今後まとまったお金を用意しなければならない場合、沢山のお金を借りられる可能性が高くなります。
しかし融資実行に時間がかかると言うデメリットもあります。

銀行系は消費者金融よりも審査に時間がかかる分、金利が低いと言う利点もあります。
また銀行系は消費者金融系キャッシングと比較すると、金利が低い分審査が厳しい傾向にあります。