カードローンの「返済を一本化」とは?メリット・デメリットなど

“返済すべきお金を1つにまとめる”といったことを聞いたことがあるでしょうか?
私がキャッシングを利用の開始した当初は、こういったことを聞いたことがなかったです。
しかし、1つの会社のみではお金が不足していたので、複数の会社からキャッシングを行なうことになってから、月々の返済に関して手間がかかることになるかな?と考え始めました。
そして、そのように気にかかり始めたことで、そのことについて調べた結果、このようにいくつかの会社でキャッシングを行なった際は、“返済すべきお金を1つにまとめる”ことをお勧めしますといったことを発見しました。
ここでは、“返済すべきお金を1つにまとめる”ということの意味、そして、それらの良い点や悪い点に関して、私が調べて分かったことについてまとめた上で、お話していこうと思います。
現在、甲、乙の2つの会社からキャッシングを行なっていると仮定しましょう。
キャッシングした金額や金利、そして、返済期日、返済するお金の金額は次に挙げる通りとなっています。
まず、甲社の場合は、キャッシング金額が40万円、金利が18%、返済期日が毎月25日、毎月返済するお金が20000円、支払いの回数が24回、返済するお金の合計が479132円となっています。
それに対して、乙社の場合は、キャッシング金額が30万円、金利が18%、返済期日が毎月末日、毎月返済するお金が10000円、支払いの回数が41回、返済するお金の合計が401551円となっています。
このようにキャッシング総額は70万円となっており、ひと月30000円の返済となっております。
これに加えて返済期日が違っていることから、返済の管理も容易ではありません。
せっかく甲社への返済が完了したと思っても、その直後に乙社の返済をしなければなりません。
また、返済期日を逃してしまうことも考えられなくもありません。
しかし、返済すべきお金を1つにまとめることによって、複数存在する返済期日を1日とすることができ、また月々の返済金額の総額も少なくすることができることとなります。
さらにやり方を工夫すれば、今の金利よりさらに低くすることも可能となります。
では、次にこの1つにまとめるといったことについて、詳しく述べていきたいと思います。
甲社、乙社の条件は先ほどと同じとして、1つにまとめるには別に丙社が必要となってきます。
新たにキャッシングをすることになるため、利用の際には審査を受けなければなりません。
その審査に合格できると、以下のように金利等が変わることとなります。
まず、キャッシング金額が70万円、金利が15%、返済期日が毎月25日、毎月返済するお金が20000円、支払いの回数が47回、返済するお金の合計が926355円となります。
これに関して、1つ参考にしていただきたいのが、1つにまとめることによって、そのキャッシング金額が100万を超過した場合、課せられる上限の利率が15%よりも少なくなるということです。
これは利息制限法と呼ばれる法律によるものです。
つづいてこのように1つにまとめることによる良い点について御紹介したいと思います。
それら3つについて挙げてみると、1つ目は、いくつかあった返済を行なう日が1日となること、2つ目はひと月当たりの返済金額を減らすことが可能となること、3つ目は現在より金利が低くなる可能性が大きいということが挙げられます。
このように、返済を行なう日が月に1回となることや、月々の返済金額が減るとなると、気持ちも楽になるかと思われます。
しかし、このように1つにまとめることにも悪い点は存在します。
その悪い点とは、返済するお金の合計や支払いの回数が増えるケースが存在するといったことです。
そこで、前述した3社についての、“毎月返済するお金”、“支払いの回数”、“返済するお金の合計”の3点に注目してほしいのですが、それらを見ると、毎月返済するお金は確かに減っていて、気持ちが楽にはなりますが、その反面、支払いの回数や返済するお金の合計は増えています。これが1つにまとめることの悪い点の1つと言えます。
さらに、1つにまとめることで、キャッシング金額も多くなり、その分審査も厳しいものとなるでしょう。これも悪い点と言えます。
また、複数の会社からキャッシングを行なっていたり、返済期日に返済を行なっていないとなると、審査で不合格とされる場合がありますから、御注意下さい。
最後にまとめとしまして、一見するとキャッシングしたものを1つにまとめることは、利便性が高いように感じられますが、その裏には悪い点というものも存在します。
人それぞれ月々の返済金額を小さくしたかったり、なるべく早期に返済を完了させたかったりと目的は異なるものです。
そういったやりたいことに合わせてまとめることを考えなければならないのは当然として、その上で金利に関しても出来る限り低くなるようにしなければ、返済するお金の合計が大きくなることになるので、注意が必要です。
容易に管理が出来るからといった理由のみで、まとめることを決定するのは避けた方がよいと思われます。

クレジットカードが割れた!修復や再発行(交換)をして貰うべきかどうか。

本記事では、万が一クレジットカードを何らかの原因で割れてしまった場合にどうしたらよいか?といったことについてのお話をしていきたいと思います。
皆さんの中にもクレジットカードを割ってしまって、慌ててセロファンテープのようなものを貼ってくっつけた、という御経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは絶対にしてはいけないことですから、今後はもう一切そのようなことはしないで下さい。
言うまでもなく、強力な接着剤でくっつけるといったこともしてはいけません。
それをしてはいけない理由については後ほど、お話します。
万が一、そのような状況になった場合は、会社に電話をして新たにクレジットカードを作ってもらうことがあなたにとって、最も安全で確実な方法であると言えます。
では、なぜ自分でそのような直し方をしてそれをまた使おうとすることがいけないのか?ということについてお話していきたいと思います。
それは、そういった1回割れてしまったようなカードを機械に通すことによって、通した機械そのものに異常が起きてしまうリスクが考えられるからです。
皆さんもショッピングをする際にレジでクレジットカードを利用されることがあるかと思われますが、その際に専用の機械にクレジットカードを通しているのを見たことがあるでしょう。ちなみにこの機械はCAT端末と呼ばれます。
そして、もし、あなたが所有しているクレジットカードが正常ではないことが分かっていて、それを使用することによって、そのCAT端末の機械の中でカードの欠片が詰まる等によって、壊してしまったとなるとどうなると思いますか?
当然、それを使用しているお店の方には勿論、他の利用客の方にも多大な迷惑をかけてしまうことになるでしょう。
さらには、正常ではないと分かっていてクレジットカードを使用したのですから、機械の修理代等も負担しなければならなくなります。
このようなことから、そういったリスクを犯してまで割れてしまったようなクレジットカードを使うメリットは何一つないことが分かるでしょう。
ですから、万が一クレジットカードを割ったりしてしまった際には、セロファンテープや強力な接着剤で直すこと等は一切考えずに、素直に新たにクレジットカードを作ってもらうのがベストと言えるのです。
そういった手続きも簡単に行なうことが可能で、クレジットカード会社にサポート専用ダイヤルのようなものがあるかと思いますので、ただそこに電話をすることによって、新しいクレジットカードを手に入れることが出来ます。
再びクレジットカードを作るとなると、確かに手数料が取られることになりますが、機械を壊してしまった際に取られるお金と比べれば、全然高くないものであるのは間違いないでしょう。
最後にこれまでのことをまとめていくと、まずクレジットカードを壊してしまった時にはそれは絶対に使わないようにすることです。セロファンテープ、強力な接着剤で見た目はくっついているように見えても、機械に通したときにそれが取れてしまい、中に欠片が詰まったり等で機械を壊してしまったら、多くの方に迷惑がかかってしまい、あなた自身も壊してしまった機械の修理代を支払ったりしなければならない可能性も考えられますから、絶対にそれはやめましょう。
クレジットカードが割れたりした時は、クレジットカード会社に電話をして新しいクレジットカードを発行してもらうのが1番です。
また、クレジットカードの発行には手数料が取られますが、修理代等と比べると安いのは間違いありません。
これまでお話したように、クレジットカードを万が一壊してしまったとしても、新たに作ってもらえばいいのですが、日頃からきちんとこういったカードの取り扱いに気を付けていれば割れるといったことも起きにくいかと思われます。
ですから、クレジットカードは専用のケースに保管しておいたり、必要な時以外はなるべく、持ち歩かないといったことによって、壊してしまうようなリスクも減らせますし、さらには紛失する可能性も減らすことが出来るでしょう。それだけクレジットカードは大事なものだという意識を持つことも大切です。

アコムが家族にばれる5つのパターンとバレないための対策方法

アコムでキャッシングを行なったとすると、それを家の人に知られてしまうのでは?といったことを思われる方は沢山いらっしゃるかもしれません。
ですが、アコムは消費者金融の中でも大きい会社ですので、キャッシングを利用している方の情報については外部に漏れないよう努めています。
そういった配慮からアコムを利用したとしても家の人に知られる心配は殆どないでしょう。
本記事は、そうは言ってもやはり不安が残るという方に向けて、アコムでキャッシングを行なっていることが知られるとすれば、どういった時か?ということについて、お話していきたいと思います。
アコムでキャッシングを行なう時の対策として、参考にしていただければと思います。
今回は5つの場面について見ていきます。
まず、1つ目が、お申し込みをする際にその場面を見られてしまうということが挙げられます。
これは、あなたがアコムでキャッシングを申し込もうとする際に、お店に出入りするところ、もしくは“むじんくん”を利用しているところを見られるといった事になります。
これの対策としては、利用しているところを見られなければいいわけですから、WEBを用いてお申し込みを行なうことによって、お申し込み時にその場面を見られるといったこともありませんし、またWEBからであれば、1日中それが出来ますので、スマホ等を用いて家の人が見ていないところで行なうと良いでしょう。
2つ目が、郵便物が家に送られてくることによって、知られてしまうといったことが挙げられます。
確かにこれを本当にされてしまうと知られてしまう可能性が大ですが、アコムにおいてはお申し込み時に家に郵便物を送るか否かこちらで決めることが可能ですので、そのような心配は無用となっています。
万が一、このことを決めなくて、家に郵便物が届いた場合であっても、その郵便物にはアコムとは書かれておらず、”ACサービスセンター”と書かれているので、郵便物で家の人に知られるといったことはまずありませんので、御安心下さい。
ちなみに、こういった郵便物について決める時には、通常はアコム側から“郵便物はどうするか?”といったことを質問してくることとされています。
3つ目が、家にアコムから電話をされることによって知られる場合が挙げられます。
これに関しても殆ど心配は無用と考えても良いかと思われます。
どうしてかと言うと、アコムでは利用者の家に電話をしてくるようなことはなく、もし電話をしてくるとすれば、それは、キャッシングを行なっているものが返済が出来ていない時にその利用者の携帯電話等に電話をしても繋がらない時とされています。
そして、この際の連絡の順番としては、まず上記の携帯電話に連絡してみて連絡が取れないと次に、勤務先の会社に電話をし、それでも連絡が取れない時に最後の手段として家に電話をすることになっております。
そのため、家にまで電話がかかってくるのはまず考えにくいというのが分かるかと思われます。
さらに言うと、たとえ家に電話をかけてきた場合であっても、その際は“アコム”という会社名は出さずに、かけてきている個人の名前で話すことになっていますので、電話によって家の人に知られることは考えにくいと言えます。
4点目は、アコム専用のATMを利用によってその場面を見られてしまうといったことが挙げられます。
ちなみにアコムのお店、専用のATMを利用したとしても手数料を取られることがないとされており、様々な場所で利用することが可能となっております。
といったこともあり、知られてしまう可能性が大きいように感じますが、それは誤解で都市部ならビル等の建物の中にそういったATMが置かれているケースが多く、そのため、誰かに見られるといった心配はそれほど要らないでしょう。
ですが、田舎になるとビル等の建物が少ないため、目立つところにATMが置かれているところも少なくありません。
そのため、田舎に住まれている方であれば、専用のATMではなく、提携先となっているATMを御利用になられると良いでしょう。
提携先となっているATMとしては、コンビニ等に置かれているATMが挙げられ、御利用には105円から210円ぐらいの手数料を取られることになりますが、この利用によってアコムでキャッシングを行なっていることを知られるといった心配はなくなります。
5つ目は、アコムでキャッシングを行なうためのカード、もしくはアコムの利用明細を発見されて知られてしまうといったことが挙げられます。
こうならないようにする為には、まず、利用者の自己管理が大事ということも言えますが、その他にもキャッシングのカードを使わずに、銀行口座への振込みを利用してキャッシングを行なうといったことも1つの手と言えるでしょう。
このように銀行への振込みであれば、キャッシングを行なう際もWEBにてお申し込みが可能となっており、キャッシングのカードも不要となっております。
さらに、利用明細が発行されない為、そういったことに気を遣う必要もなくなりますので、自己管理が面倒な方には推奨出来るものと言えます。
最後にこれまでのことをまとめていくと、アコムでキャッシングを行なったとしても家の人に知られるようなことはまずありません。
アコムは消費者金融の中でも大きい部類の会社であり、御客様の情報が外部に漏れるようなことがないよう努めています。
例えばこのような対策として、郵便物を家に送られてこないようにこちら側で決めることが可能となっており、電話に関してもまずは利用者の携帯電話、勤務先といった優先順位になっているため、家にかけてくるようなことはそれほどありませんし、家に電話をかけてきたとしても、“アコム”といった会社名は出さないようにしています。
さらにこちら側としてもお申し込みを1日中対応可能なWEBで行なうようにしたり、もしくは提携先となっているATMを利用すること等によって、より対策は万全となってきます。
このように、家の人にキャッシングを行なっていることを知られないようにするために、会社側では色々協力してもらえますが、これをより確実にするためには、カードを目立つところに置かない等といった自己管理も忘れずに行なうようにして下さい。