イオン銀行「カードローンBIG」の返済が延滞した場合。まずやるべきことは?1

カードローンで借り入れしたお金の返済日を逃した理由して、“気付いたら返済日が過ぎてしまっていた”いうことが意外に多いとされています。
他にも、突然の交通事故、自身が病気にかかったという理由もあるわけですが、どちらにしても返済日に返せないというのは良いことではありません。
そこで、今回はイオン銀行の商品である“カードローンBIG”で借り入れしたお金の返済が遅れるとどのようなことが起きるのかといったこと、さらに、その時にはどのような対応を取ればよいのか見ていきたいと思います。
まず、カードローンでは返済が遅れてしまうことにより、遅延損害金というものが出てきて、大体は20%とされていますが、“カードローンBIG”では、年利19.8%となっていますので、他と比べると若干低い数字に設定されています。
この利率については、返済日となっている日の次の日から科せられることとされており、返すべきものを返し終えるまでの間、1日あたりに計算して加えられることになります。
この場合の遅延損害金の返済については遅れていない分のお金と合算して返済することとされています。
このことだけでもかなりの打撃となりますが、それに加え返済を行なわない間は、たとえ借り入れ可能な上限金額に達していない状態でも、新たな借り入れを行なうことが出来なくなりますし、また返済状態がひどい方ですと、返済を行なったとしても今後は一切借り入れ不可能となることすらありますので、返済日には十分注意しましょう。
その他にイオン銀行側が行なうこととしては、最初は郵便で返済が行なわれていないことを伝えるとともに、遅延損害金の分も口座から引かれることをお知らせします。
この時はまだ、イオン銀行側もそれほど深刻にはなっていないと見ることができますが、その後も返済をしないでいると、次は利用者の携帯電話に電話をかけてきたり、それでも連絡が取れないとなると、利用者の家や会社とあまりかけてきてほしくないところまで次々と電話が来ることになりますし、さらには、信用情報機関へ今回のことが記録もされることになります。
テレビで見かける暴力的な事は行なわれませんが、それに甘えて支払わないでいると、今までは分割で請求されていたものが今度は1回での返済を求められたり、もう少し進むと裁判を起こされ、最後は差し押さえにまで発展してしまいますので、そこまでいかないうちにきちんと返済は行なうようにしましょう。
ここまでで、返済はきちんとしなければならず、遅れた時の怖さも理解出来たかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です