イオン銀行「カードローンBIG」の返済が延滞した場合。まずやるべきことは?2

ですが、どうしても返済を行なえそうにないことが分かった場合、どうすればよいのでしょうか?
その場合は、返済が出来ないことが分かった時点で、イオン銀行に電話をし、指示を仰ぐことが大事です。
ただ、それを行なったとしても、1日でも返済が遅れることによって、イオン銀行のみならず、保証会社にまでその事実が残ってしまいますし、それが繰り返されると利用者の銀行からの信頼はほとんどなくなってしまいます。
そうなってしまっては、今度は数日の遅れでも信用情報機関に記録が残されたり、借り入れも出来なくなってしまいます。
このように借り入れが出来なくなるのが、返済が遅れた会社だけならまだ他から借りることも考えられますが、あるカードローン会社の保証会社が遅れたところ(会社)と同一であった場合はそこの会社からも借り入れがしにくくなることも全くあり得ない話ではありません。
したがって、このような事態を回避するためには、返済を行なえそうにないこと、もしくは返済に遅れてしまったことに気付いた時点で、イオン銀行に返済を行なう気持ちを精一杯表現することが大事になってきて、もし、具体的な返済日時を尋ねられた時は、きちんとお詫びの気持ちを持ちながらその日時をお話するようにして下さい。
ここで大切なのは、返済が行なえない状況になっても、何故そうなったのかを偽りなくお話することであって、これを行なうことにより、イオン銀行もきちんと対応してくれるかと思われます。
最後にこれまでのまとめとして、今回はイオン銀行の商品である“カードローンBIG”の返済が遅れた時のお話をしてきました。
カードローンBIGで借り入れしたお金の返済が遅れることによって利率が19.8%の遅延損害金が発生し、これは遅れていない時の分と合算して支払うことになります。
また、返済が遅れると最初はイオン銀行から郵便で連絡が来ることになっており、それでも行なわずにいると、利用者の携帯電話、自宅といったようにどんどん連絡の範囲が広がっていくことになり、当然この間は新たな借り入れをすることも出来ません。
そして、信用情報にも傷が付くことになり、最終的には差し押さえとなります。
信用情報の傷は返済を行なってもなかなか消えることはなく、その間は色々な弊害が起きるとされています。
このことからもお分かりの通り、借り入れしたお金を返済するというのは非常に大事な事であり、たとえそれが少ない金額であっても同じで返済を遅らせるべきではありません。
万が一返済が行なえそうにない場合や遅れたことに気付いた場合は、その時点で会社に連絡を入れるようにしましょう。

イオン銀行「カードローンBIG」の返済が延滞した場合。まずやるべきことは?1

カードローンで借り入れしたお金の返済日を逃した理由して、“気付いたら返済日が過ぎてしまっていた”いうことが意外に多いとされています。
他にも、突然の交通事故、自身が病気にかかったという理由もあるわけですが、どちらにしても返済日に返せないというのは良いことではありません。
そこで、今回はイオン銀行の商品である“カードローンBIG”で借り入れしたお金の返済が遅れるとどのようなことが起きるのかといったこと、さらに、その時にはどのような対応を取ればよいのか見ていきたいと思います。
まず、カードローンでは返済が遅れてしまうことにより、遅延損害金というものが出てきて、大体は20%とされていますが、“カードローンBIG”では、年利19.8%となっていますので、他と比べると若干低い数字に設定されています。
この利率については、返済日となっている日の次の日から科せられることとされており、返すべきものを返し終えるまでの間、1日あたりに計算して加えられることになります。
この場合の遅延損害金の返済については遅れていない分のお金と合算して返済することとされています。
このことだけでもかなりの打撃となりますが、それに加え返済を行なわない間は、たとえ借り入れ可能な上限金額に達していない状態でも、新たな借り入れを行なうことが出来なくなりますし、また返済状態がひどい方ですと、返済を行なったとしても今後は一切借り入れ不可能となることすらありますので、返済日には十分注意しましょう。
その他にイオン銀行側が行なうこととしては、最初は郵便で返済が行なわれていないことを伝えるとともに、遅延損害金の分も口座から引かれることをお知らせします。
この時はまだ、イオン銀行側もそれほど深刻にはなっていないと見ることができますが、その後も返済をしないでいると、次は利用者の携帯電話に電話をかけてきたり、それでも連絡が取れないとなると、利用者の家や会社とあまりかけてきてほしくないところまで次々と電話が来ることになりますし、さらには、信用情報機関へ今回のことが記録もされることになります。
テレビで見かける暴力的な事は行なわれませんが、それに甘えて支払わないでいると、今までは分割で請求されていたものが今度は1回での返済を求められたり、もう少し進むと裁判を起こされ、最後は差し押さえにまで発展してしまいますので、そこまでいかないうちにきちんと返済は行なうようにしましょう。
ここまでで、返済はきちんとしなければならず、遅れた時の怖さも理解出来たかと思われます。

イオン銀行「カードローンBIG」の追加融資と限度額増額の申し込み方法2

増やせないだけならまだ良いのですが、最悪の場合、今より上限金額を減らす引き金ともなりかねませんので、あまり考えずにこの審査を受けるのは非常に危険なことであります。
上記のことを良く理解した上で、審査のお申し込みを希望される方は、イオン銀行の店頭窓口、郵便、インターネットでお申し込みをすることになりますが、イオン銀行では利用者自らの意志でお申し込みをすることの他にもイオン銀行の方から上限金額を増やすことについての提案をされることがあり、1番良い提案のされ方は銀行できちんとした数字を出してきているものです。
例えば、“50万円に上限金額を増やせますが、いかがでしょうか?”といった内容になるかと思われます。
このような提案をされた方は、大方の人は上限金額を増やすことが出来ると言われています。
最後にこれまでのまとめとして、今回はイオン銀行の“カードローンBIG”にて今より多くのお金を借りることについて、2つのパターンを例に挙げてお話してきました。
現在の借り入れの金額が初めに設定された上限金額に達していない状態であれば、それまでと同じように借り入れのお申し込みをすればよく、それを返済することで返済した金額の分だけ借り入れ可能な金額が増えることになります。
一方、上限金額まで来てしまっている方は、それ以上のお金は借りられないので、借り入れ可能な上限金額を増やす必要があり、そのお申し込みをした後、審査を受けることになります。
お申し込みは、イオン銀行の店頭窓口、ネット、郵便で行なうことが出来ますが、銀行側の印象が良くない状態で、安易にお申し込みをしてしまうと、上限金額を増やせないばかりか、反対に減らされてしまうこともあるので、よく考えてからお申し込みはするべきです。
逆に銀行側からの印象が良い方は銀行の方から上限金額を増やすことについての提案をされることがあり、その提案の中で“50万円に増やしませんか?”といったように数字を出してきた時には、審査で合格する確率は非常に高いとされています。
これまでお話したことから、最初に決められた上限金額の間であれば、自由に借りたり返したりすることができ、今の上限金額で足りなくなった時には上限金額を増やすことも出来るといったことがカードローンを利用することの利点であります。
しかし、カードローンの利用はお金を借りているということを常に忘れてはいけません。
過剰な借り入れはその後のあなたを苦しめることにもなりますから、返済計画を立てた上で借りていくようにして下さい。

イオン銀行「カードローンBIG」の追加融資と限度額増額の申し込み方法1

カードローンを利用し始めた当初は聞かなかったとしても、長く利用していると、“今借りているお金に加えてさらにお金を借りる”といったこと、“現在設定されている借り入れ可能な上限金額を増やす”等といったことが出てくるようになります。
これらはいずれも、「今より多くお金を借りる」という意味で同じに聞こえますが、実は全然違うものです。
そこで今回は、これらはどういった点で異なってくるのか、御紹介していくとともに、それらを実現するためにはイオン銀行の“カードローンBIG”ではどうすればよいか見ていくことにします。
まず、“今借りているお金に加えてさらにお金を借りる”というのは、予め決められた借り入れ可能な上限金額に達していない状態でお金を借りることを指します。
例を挙げると、借り入れ可能な上限金額が50万円に設定されている状態で、まずは、10万円を借りたとしましょう。
この場合の残りの借り入れ可能な金額は50万円から10万円を差し引くことで求められ、40万円となりますので、この10万円を返済しなくても40万円以内であれば借り入れが行なえることが分かります。
そして、この10万円を返すことによって、再び借り入れ可能な金額が50万円まで戻ることになります。
したがって、上限金額内であれば、インターネットもしくはATMにて借り入れの申し込みをすれば、いつでもお金を借りられることになりますので、特別な手続きは必要ありません。
こういったシステムは、今回のイオン銀行だけではなく、どこの会社のカードローンであってもほぼ同じものとなっています。
では、もう1つの“現在設定されている借り入れ可能な上限金額を増やす”というのは、上限金額まで借りてもまだお金が不足しているので、さらに借りられるようにすることを指します。
これは先ほどとは違い、新たなお申し込みが必要になり、お申し込みをした後は初めてカードローンBIGを利用する時と同じように審査が行なわれ、最初と同じように審査に合格しないことには、上限金額を増やすことが出来ません。
よって、審査を行なった結果、利用者の印象が悪いと上限金額を増やせなかったり、増やせても自分が思ったほどではないということもあると言われています。