クレジットカードの仕組み

ここではクレジットカードの仕組みについて説明したいと思います。
まず、クレジットカード会社はお店や会社に対して「売り上げが上がる」とプレゼンして加盟店を募集します。
そのクレジットカード会社の加盟店となったお店では、カードの利用客は現金を持っていなくても商品を買うことができます。
そのため、クレジットカードを使う人は値段が高い商品も買うことができるようになります。
すると加盟店の売り上げは上がるのです。
加盟店は売り上げが上がったことの見返りに、客がクレジットカードで買い物をしたときの代金3~5%ほどを加盟店手数料としてカード会社に納めます。
また客が分割払いでクレジットカードを使った場合、客は分割手数料をクレジットカード会社へ納めます。
さらにクレジットカードの年会費がある場合は、それもクレジットカード会社の貴重は収入源です。
つまり、
・クレジットカード会社は「加盟店手数料」「分割手数料」「年会費」を利益とする。
・お店は売り上げアップのために手数料を払ってでも加盟店になるメリットがある。
・客は現金を持ってなくてもお店で商品が買え、買った値段によっても様々なサービスを受けられる。
クレジットカード会社、加盟店、客それぞれにメリットがあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です