キャッシングとカードローンの違い

クレジットカードにはキャッシングという機能があります。
また、カードローンという言葉もあります。
一見似ている言葉なのですが、意味が若干異なるのです。
キャッシングは、次の引き落としのときに原則全て返済しなければならないお金の借り方です。
つまり、一時的にお金を借りたいときにのみ利用することができまる。金利は支払いまでの間払うことになります。
カードローンは、「ローン」という名の通り、借りたお金を分割して返します。
金利は全て払い終えるまで、残っている残高に応じてかかることになります。
しかし、意味が似ているので混同して使われている場合もよくあります。
いずれも借りたお金に金利がかかるので、よほどのことがない限りしないほうが良い、と心がけておけば良いのです。

初めての人には
クレジットカード会社への入会が初めてで、どのカードが良いのかよくわからない方には年会費無料のクレジットカードが良いと思います。
維持費が不要で、少しずつ使いながら「クレジットカードの使い方」を学ぶことができます。
クレジットカードのメリットは、支払いや引き落としで付与されるポイント特典。これはカードを使うだけで利用額の数%が還元されるものです。
どこのお店でも統一して1%還元のお店もあれば、お店によって1~20%の還元と様々なものもあります。
同じ支払いをするのなら、還元率の高いのクレジットカードで、還元率の高いお店を利用したいですよね。
また、「すぐに作りたい」という方には「楽天カード」をおすすめします。
年会費が無料で、ポイント還元は1%です。つまり、100円ごとに1ポイント付与されます。
顧客満足度調査でも5年間常に1位で安心のクレジットカード会社です。
国際ブランドもVISA、JCB、マスターカードから選ぶことができるので、非常に使えるお店が多いのも、初心者におすすめしたい店です。

クレジットカードの仕組み

ここではクレジットカードの仕組みについて説明したいと思います。
まず、クレジットカード会社はお店や会社に対して「売り上げが上がる」とプレゼンして加盟店を募集します。
そのクレジットカード会社の加盟店となったお店では、カードの利用客は現金を持っていなくても商品を買うことができます。
そのため、クレジットカードを使う人は値段が高い商品も買うことができるようになります。
すると加盟店の売り上げは上がるのです。
加盟店は売り上げが上がったことの見返りに、客がクレジットカードで買い物をしたときの代金3~5%ほどを加盟店手数料としてカード会社に納めます。
また客が分割払いでクレジットカードを使った場合、客は分割手数料をクレジットカード会社へ納めます。
さらにクレジットカードの年会費がある場合は、それもクレジットカード会社の貴重は収入源です。
つまり、
・クレジットカード会社は「加盟店手数料」「分割手数料」「年会費」を利益とする。
・お店は売り上げアップのために手数料を払ってでも加盟店になるメリットがある。
・客は現金を持ってなくてもお店で商品が買え、買った値段によっても様々なサービスを受けられる。
クレジットカード会社、加盟店、客それぞれにメリットがあるわけです。

どのように使用するのかを考える

まず、クレジットカードを選ぶ前に考えたいことは「クレジットカードを自分はどのように利用するのか?」ということです。
せっかくクレジットカードを作っても、使う機会がなければ使用しないでしょう。つまり、「自分が使いたい場所で使えるカードを作る必要がある」のです。
自分がよく利用する店舗でのお買い物がお得になるのが最適です。
例えば、車で移動することが多い方なら、ガソリンスタンドで利用でき、割引やポイントなどのサービスがあるクレジットカードならお得ですよね。
このように、自分がクレジットカードを使えたら便利、お得なお店、サービスを考えてみましょう。

年会費とポイントプログラムのチェック
クレジットカードを選ぶポイントとして多くの人が大事にするのが「年会費無料である」ことです。
クレジットカードを作るということは、クレジットカード会社の会員になることであり、通常は年会費が必要です。
年会費無料であれば当然、会員の負担がないことになります。それだけでもお得感ありますよね。
クレジットカードには利用するだけでポイントが貯まり、貯まったポイントをギフト券や商品に交換できるシステムがあるものがあります。
このポイントプログラムの有無や内容はクレジットカード会社ごとに少しずつ違うので、自分が交換したいと思えるものがあるものを利用すると良いかもしれませんね。

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、個人もしくは法人の信用に基づいてクレジットカード会社から発行されるカードのことです。クレジットカード会社の加盟店で一定の限度額内でショッピングをしたり、ATMからキャッシングしたりすることができます。クレジットカード会社ごとに加盟店数は異なります。クレジットカードの利用代金は後日あなたがあらかじめ指定しておいた金融機関講座から引き落とされます。
それぞれのクレジットカード会社は会員を獲得するためにいろいろな付加価値をつけたクレジットカードを発行しています。たとえば、利用金額に応じてポイントがたまり、ポイントに応じて商品の交換できたり、海外旅行中の病気や怪我の治療費を保証してもらえる海外旅行傷害保険などです。そのため、様々なクレジットカード会社のサービスを比較して、自分に1番合うカードを選ぶことで、クレジットカードのメリットを最大限に引き出し、お得に利用することができます。