自動車ローン

自動車ローンを組むときは、車を購入するディーラーで申し込むとケースが多いですが、
最近は、クレジットカードを利用したり、銀行や信用金庫、JA(農協)、損害保険会社等で
ローンの契約をする人も増えているようです。

ディーラーの提携会社でローンを組むメリットは、手続きが簡単で審査にも通りやすい事ですが
クレジットカードと同様、銀行などと比較すると、金利が高く不利な取引といえます。

車の購入のために、カードローンやキャシングを利用することも可能ですが、これらは
最初は限度額が低く設定されていますから、新車の購入のような、高額な借り入れは難しくなります。

ローンの比較・銀行/信販会社

信販会社系・・・ディーラー・信販会社
メリット・・・手続きが簡単・審査期間が短い・審査が通りやすい
デメリット・・・金利が高い・車の所有権は、ローンの完済までディーラーか信販会社になる

銀行系・・・銀行・信用金庫・労働金庫・農協・保険会社等
メリット・・・金利が低い・ローンの完済前でも、車の所有権は自分になる
デメリット・・・審査期間が長い・審査基準が厳しい

ディーラーで自動車ローンを申し込んだ場合でも、ディーラーがお金を貸してくれるわけではなく
ローンの契約は、提携しているクレジット会社か信販会社と結ぶことになります。

ディーラーローンのメリットは、とにかく手軽で簡単なことです。
審査にかかる期間も短く、勤続年数が短くても安定した収入さえあれば、審査にも通りやすいようです。
デメリットは、銀行系のローンと比較して、金利が高いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です