銀行系のローン

銀行系のローンの場合、審査基準は厳しくなりますが、信販系と比べて金利はかなり安くなるので
利用する人も多くなっています。

初めて車を購入する人や、とにかく面倒なことが嫌い、という人にはディーラーローンが手軽で良いかもしれませんが
金利を気にする人や、より賢くお金を借りたい人には、銀行系のローンがお勧めです。

銀行系ローンと信販系ローンの違いは

銀行系ローンと信販系ローンの大きな違いは、購入した車の所有権が誰にあるかという事です。

ローンの申込をディーラーでする場合、ローンの返済期間中の所有権は、基本的に信販会社か
ディーラーにあります。
銀行系の自動車ローンの場合は、返済期間中でも所有権は自分にあります。

これは車検証を見るとわかるのですが、車検証の左下の方に「所有者」と「使用者」の記載があり、
ローンをどこで申し込んでも「使用者」は自分自身になりますが、「所有者」の記載はローンの申込先により異なるのです。

所有者の名義が信販会社やディーラーと記載されている状態を「所有権留保」と言い、この状態の場合
名義変更や車の売却を勝手にすることはできません。
ローンを返済し終わった時点で、所有権留保解除手続きを行い、そこで初めて車の名義を自分に変えることができます。

何らかの事情で、ローンの返済途中で所有権留保がなされている車を売却したい場合には、
ローンの残金を一括返済して所有権留保を解除するか、別のローンの借り換えなどが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です