自宅情報

一般的に未成年の場合、個人的にお金の借入をする事は日本では認可されていません。
例えばキャッシングを申し込む事までなら可能ですが、審査の段階になると殆どの人が落とされています。
金融業者によっては未成年でも審査が通る場合もありますが、親権者の同意を得られる事が条件です。
ところが、未成年の場合でも一定の条件ラインをクリアしていればキャッシング可能になるケースもあります。
今回は、未成年がキャッシングを行う時に必要なノウハウを説明致します。

?・なぜ、未成年によるキャッシングは難しいのでしょう?

 

少子高齢化が進み

消費者金融のイメージと言えば、
 「お金を借りたい個人が、気軽にキャッシングによるお金の借入が出来る・・」
 と思っている方が多いのではないでしょうか。
 しかし、実際にお金を借りる時、他の金融機関とどんな風に違うか理解出来ていない人もいると思います。
 そして、消費者金融とは、ドラマや映画の話に出来て来る様な、
 自己破産や多重債務などと言った良くないイメージを持たれている方も少なくはないと思います。
 今回は、消費者金融とは、どの様な特徴を持っているのかなど、
 色々な不安や疑問について解りやすく説明

介護に必要な費用

具体的に言いますと

・キャッシングを利用する際、気になる利息の計算方法ですが、
 借入の返済シミュレーションのある、ナビナビキャッシングを使うと簡単です。

・一般的に年利が18.0%の場合、30日間で10万円の借入を行うと、
 大体1,500円の利息となります。

・ほとんどのキャッシングでは、年利を18.0%の上限金利にしています。
 因みに悪徳業者とは法廷金利を超えて20%以上でお金を貸したりしますので注意してください。

自分で利息を計算しなくてはならない・・と考えると、何だか難しそうでい

自動車ローン

自動車ローンを組むときは、車を購入するディーラーで申し込むとケースが多いですが、
最近は、クレジットカードを利用したり、銀行や信用金庫、JA(農協)、損害保険会社等で
ローンの契約をする人も増えているようです。

ディーラーの提携会社でローンを組むメリットは、手続きが簡単で審査にも通りやすい事ですが
クレジットカードと同様、銀行などと比較すると、金利が高く不利な取引といえます。

車の購入のために、カードローンやキャシングを利用することも可能ですが、これらは
最初は限度額が低く設定されていますから、新車の購入のような、高額な借り入れは難しくなります。

ローンの比較・銀行/信販会社

信販会社系・・・ディーラー・信販会社
メリット・・・手続きが簡単・審査期間が短い・審査が通りやすい
デメリット・・・金利が高い・車の所有権は、ローンの完済までディーラーか信販会社になる

銀行系・・・銀行・信用金庫・労働金庫・農協・保険会社等
メリット・・・金利が低い・ローンの完済前でも、車の所有権は自分になる
デメリット・・・審査期間が長い・審査基準が厳しい

ディーラーで自動車ローンを申し込んだ場合でも、ディーラーがお金を貸してくれるわけではなく
ローンの契約は、提携しているクレジット会社か信販会社と結ぶことになります。

ディーラーローンのメリットは、とにかく手軽で簡単なことです。
審査にかかる期間も短く、勤続年数が短くても安定した収入さえあれば、審査にも通りやすいようです。
デメリットは、銀行系のローンと比較して、金利が高いことです。

銀行系のローン

銀行系のローンの場合、審査基準は厳しくなりますが、信販系と比べて金利はかなり安くなるので
利用する人も多くなっています。

初めて車を購入する人や、とにかく面倒なことが嫌い、という人にはディーラーローンが手軽で良いかもしれませんが
金利を気にする人や、より賢くお金を借りたい人には、銀行系のローンがお勧めです。

銀行系ローンと信販系ローンの違いは

銀行系ローンと信販系ローンの大きな違いは、購入した車の所有権が誰にあるかという事です。

ローンの申込をディーラーでする場合、ローンの返済期間中の所有権は、基本的に信販会社か
ディーラーにあります。
銀行系の自動車ローンの場合は、返済期間中でも所有権は自分にあります。

これは車検証を見るとわかるのですが、車検証の左下の方に「所有者」と「使用者」の記載があり、
ローンをどこで申し込んでも「使用者」は自分自身になりますが、「所有者」の記載はローンの申込先により異なるのです。

所有者の名義が信販会社やディーラーと記載されている状態を「所有権留保」と言い、この状態の場合
名義変更や車の売却を勝手にすることはできません。
ローンを返済し終わった時点で、所有権留保解除手続きを行い、そこで初めて車の名義を自分に変えることができます。

何らかの事情で、ローンの返済途中で所有権留保がなされている車を売却したい場合には、
ローンの残金を一括返済して所有権留保を解除するか、別のローンの借り換えなどが必要となります。