キャッシングの種類について

・銀行系のキャッシングとは、どの様なものでしょうか?

銀行系のキャッシングとは、それぞれの銀行や信用金庫が提供するカードローンやフリーローンの事を言います。

銀行系キャッシングで一番のメリットは金利にあります。
もちろん各々の銀行で多少の違いがありますが基本的には、14%から17%です。
消費者金融と比較してみますと金利が低く設定されています。
どうしても高額のお金を借りたい時には銀行系を選択すると総返済額を少なく抑えられます。
それ以外では総量規制法の対象外というメリットもあります。
総量規制法と言うのは、国が作った法律です。
基本的には消費者金融を利用してお金を借りる個人向け融資として「年間の収入に対して3分の1より超えた貸付を行ってはならない」と規定されています。
例えば300万円が年収でしたら、どんなにお金が必要でも100万円以内でなければお金を借入する事が出来ません。
しかし銀行系は総量規制法の対象外なので、年収の3分の1を超えてもお金を借りる事が出来ます。
もし始めに銀行から100万円をすでに借りている場合、総量規制から外れているので、法的には問題が無く消費者金融から100万円を借りられます。
予め銀行から先に借りれば、まとまったお金が必要になった時、
今後まとまったお金を用意しなければならない場合、沢山のお金を借りられる可能性が高くなります。
しかし融資実行に時間がかかると言うデメリットもあります。

銀行系は消費者金融よりも審査に時間がかかる分、金利が低いと言う利点もあります。
また銀行系は消費者金融系キャッシングと比較すると、金利が低い分審査が厳しい傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です