融資限度額の減額のメリットとは?

カードローンの融資限度額は、増額も減額も、審査に通れば自由に設定することが可能です。

長期間、返済をきちんと行っていれば、限度額の増額を申し込んで、審査してもらうことができるようになります。
審査を通過すれば、もちろん増額です。

一定以上の信用ができれば、カードローン会社のほうから「融資限度額の増額が可能です」と案内してもらえることもあります。

消費者金融系カードローンであれば、必ず総量規制の範囲内が案内されますから、その意味では安心して増額に応じられます。
銀行系カードローンは、総量規制の範囲(年収の3分の1)をこえた限度額を設定できますが、それでよいかどうかは利用者の自己判断に任されます。

逆に融資限度額の引き下げを申し込むこともできます。
一定金額で借入をストップすることになりますから、カードローンの使いすぎを防ぐのに便利です。

返済が遅れてばかりだと、カードローン会社のほうから「融資限度額を引き下げます」という案内がくることがあります。
恥ずかしい思いをしないために、日々のマネープランはしっかり立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です