銀行によって融資限度額が違うのは?

消費者金融系カードローンは総量規制の対象です。年収の3分の1が借入の限度額となります。
3分の1という比率は、直接カードローン会社に関係する法律なので、会社の銘柄に関わらず、すべて同じです。

銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、規定の審査を通ることを条件に、年収の3分の1以上を超える融資を受けられます。
こちらも銀行系カードローン会社に関する法律ですから、会社に関係なく同じ決まりとなっています。

ただし、融資の審査の基準は、各銀行の方針によって違います。
年収が低いと審査に通らない会社、年収が低くても資産が多いと審査を通過できる会社など、実にさまざまです。

また、全く預金したことのない銀行のカードローンよりは、いつも預金している銀行の関連会社のカードローンの方が、審査が通りやすいと言われています。

銀行系カードローンの審査は、銀行が直接行うのではなく、別の保証会社が行っていることが多いとされています。
どうしても申込みたいプランがあるなど、特別な状況でない限りは「今まで全く預金したことのない銀行」より、「少しでも預金実績のある銀行」でカードローンを申し込んだ方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です