借りたいお金が総量規制にかかったら?

急に高額の出費が必要になったとき、収入の少ない人ほど、すぐにどこかから借りようとする傾向が強いようです。

収入の高い人が高額の出費を求められた場合は、まずは出費せずにすむ方法はないか検討します。
出費するとしても金額が少なくすむ方法を探し、どうしても方法がない場合に限って、最低限の金額でカードローンを利用するのです。

収入の少ない人はお金を借りたがる傾向が強い。高収入の人は借入を最低限にしようとする。
そうなると問題となるのが「総量規制」です。

総量規制は借入の限度額を年収の3分の1までとするものですが
「低収入な人ほど高額を借りたがる。でも低収入なので総量規制にかかりやすい」という矛盾が生じるのです。

そこで総量規制を超えた金額を貸してくれる違法業者を頼る人がいますが、そもそも収入の3分の1以上を借り入れると経済が破綻するといわれています。
総量規制の「3分の1」は、そこから設定された数字なのです。

総量規制は「これ以上お金を借りると経済的に破綻します」という目安の金額です。
それを超える出費に迫られたときは、より多く貸してくれる業者を探すのではなく、出費を減らす方法をアドバイスしてくれる窓口を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です