希望金額の調整で審査を通過できる?

カードローンの審査内容の中には、勤務形態や勤続年数が含まれます。
返済能力を判断するには、まず「利用者本人がどのように収入を得ているか」の情報が必要となるからです。

肩書きが良くて、勤続年数が長くて、毎月の収入が多くて、といった人がカードローンでは有利に思えますが、
借りたいお金の希望額を少なめにしておけば、審査を通過することはそれほど難しくありません。

お金を貸す会社としては、もっぱら返済能力が問題となります。
返済能力が充分にあることが認められれば、勤務先や勤務形態はどういったものでも良いのです。

ですから自分が会社員なのか、パートやアルバイトなのかは、カードローンを申し込む上では気にしなくとも良いかもしれません。
家族収入が多ければよいとされることもありますし、無職でも資産が多いなどの条件を満たせば審査を通過できます。

それに、大きな金額を借りようとすると、比例して審査が厳しくなります。
融資を希望する金額を低くしておけば、勤続年数が少なめでもよかったり、給与明細の提出だけですむ場合もあります。
審査基準が下がるので、審査に通りやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です