アコムを利用するときに知っておきたいキャッシング審査基準

キャッシング会社で1度は耳にしたことがあるアコム。テレビコマーシャルなどでも放送されていますね。
テレビをはじめとしてメディアで扱われることもあるため利用してみようと思う方もいらっしゃることでしょう。
利用にあたってはだれかれ構わず利用できるわけでは当然なく、審査があります。
今回はアコムの審査について紹介します。
アコムのサイトには貸付条件表というものが確認できます。
それは
20歳以上の安定した収入がある返済能力がある人で、かつ当社の基準を満たす人
とあります。
これだけみると誰でも利用できるんじゃないかと思いますが、実際はそうではありません。
年齢は69歳が上限で、70歳以上の方は利用できません。
収入に関しても、多くもらっていればいいというわけではなく、アルバイトやパートでも月々の収入が一定していれば利用は可能です。
パチンコをはじめとしたギャンブルで生計を立てていても月に一定額の収入があれば利用できます。
勤続年数によって借りれないのではと心配される方もいるかと思いますが、勤続年数が短くとも借り入れ額が小額ならば利用可能です。
いかがでしたか。キャッシング利用にあたっては各会社の審査基準を知っておくと融資が受けやすくなるため知らないよりは知っておくといいでしょう。

融資限度額の減額のメリットとは?

カードローンの融資限度額は、増額も減額も、審査に通れば自由に設定することが可能です。

長期間、返済をきちんと行っていれば、限度額の増額を申し込んで、審査してもらうことができるようになります。
審査を通過すれば、もちろん増額です。

一定以上の信用ができれば、カードローン会社のほうから「融資限度額の増額が可能です」と案内してもらえることもあります。

消費者金融系カードローンであれば、必ず総量規制の範囲内が案内されますから、その意味では安心して増額に応じられます。
銀行系カードローンは、総量規制の範囲(年収の3分の1)をこえた限度額を設定できますが、それでよいかどうかは利用者の自己判断に任されます。

逆に融資限度額の引き下げを申し込むこともできます。
一定金額で借入をストップすることになりますから、カードローンの使いすぎを防ぐのに便利です。

返済が遅れてばかりだと、カードローン会社のほうから「融資限度額を引き下げます」という案内がくることがあります。
恥ずかしい思いをしないために、日々のマネープランはしっかり立てましょう。

銀行によって融資限度額が違うのは?

消費者金融系カードローンは総量規制の対象です。年収の3分の1が借入の限度額となります。
3分の1という比率は、直接カードローン会社に関係する法律なので、会社の銘柄に関わらず、すべて同じです。

銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、規定の審査を通ることを条件に、年収の3分の1以上を超える融資を受けられます。
こちらも銀行系カードローン会社に関する法律ですから、会社に関係なく同じ決まりとなっています。

ただし、融資の審査の基準は、各銀行の方針によって違います。
年収が低いと審査に通らない会社、年収が低くても資産が多いと審査を通過できる会社など、実にさまざまです。

また、全く預金したことのない銀行のカードローンよりは、いつも預金している銀行の関連会社のカードローンの方が、審査が通りやすいと言われています。

銀行系カードローンの審査は、銀行が直接行うのではなく、別の保証会社が行っていることが多いとされています。
どうしても申込みたいプランがあるなど、特別な状況でない限りは「今まで全く預金したことのない銀行」より、「少しでも預金実績のある銀行」でカードローンを申し込んだ方が良さそうです。

借りたいお金が総量規制にかかったら?

急に高額の出費が必要になったとき、収入の少ない人ほど、すぐにどこかから借りようとする傾向が強いようです。

収入の高い人が高額の出費を求められた場合は、まずは出費せずにすむ方法はないか検討します。
出費するとしても金額が少なくすむ方法を探し、どうしても方法がない場合に限って、最低限の金額でカードローンを利用するのです。

収入の少ない人はお金を借りたがる傾向が強い。高収入の人は借入を最低限にしようとする。
そうなると問題となるのが「総量規制」です。

総量規制は借入の限度額を年収の3分の1までとするものですが
「低収入な人ほど高額を借りたがる。でも低収入なので総量規制にかかりやすい」という矛盾が生じるのです。

そこで総量規制を超えた金額を貸してくれる違法業者を頼る人がいますが、そもそも収入の3分の1以上を借り入れると経済が破綻するといわれています。
総量規制の「3分の1」は、そこから設定された数字なのです。

総量規制は「これ以上お金を借りると経済的に破綻します」という目安の金額です。
それを超える出費に迫られたときは、より多く貸してくれる業者を探すのではなく、出費を減らす方法をアドバイスしてくれる窓口を探しましょう。

希望金額の調整で審査を通過できる?

カードローンの審査内容の中には、勤務形態や勤続年数が含まれます。
返済能力を判断するには、まず「利用者本人がどのように収入を得ているか」の情報が必要となるからです。

肩書きが良くて、勤続年数が長くて、毎月の収入が多くて、といった人がカードローンでは有利に思えますが、
借りたいお金の希望額を少なめにしておけば、審査を通過することはそれほど難しくありません。

お金を貸す会社としては、もっぱら返済能力が問題となります。
返済能力が充分にあることが認められれば、勤務先や勤務形態はどういったものでも良いのです。

ですから自分が会社員なのか、パートやアルバイトなのかは、カードローンを申し込む上では気にしなくとも良いかもしれません。
家族収入が多ければよいとされることもありますし、無職でも資産が多いなどの条件を満たせば審査を通過できます。

それに、大きな金額を借りようとすると、比例して審査が厳しくなります。
融資を希望する金額を低くしておけば、勤続年数が少なめでもよかったり、給与明細の提出だけですむ場合もあります。
審査基準が下がるので、審査に通りやすくなるのです。

銀行系カードローンはここが違う

銀行系カードローンもネットによる申込ができますが、メジャーな消費者金融系カードローンとは、融資されたお金を受け取るまでの日数が違ってきます。
これは、自動契約機があるかないかの違いです。銀行系カードローンは自動契約機を設置していません。
申し込んだ金額が口座に振り込まれ使えるようになるのは、銀行の翌営業日となります。
銀行系カードローンの場合、ネット上で即日融資の手続きができたとしても、実際にお金を引き出すことのできる時間帯がやや遅いのです。

ただし、三菱東京UFJ銀行カードローンは、ATMコーナーに自動契約機と同様の窓口があります。土日祝日の利用も可能です。

消費者金融系カードローンで、スピーディ・スマートに

急な飲み会や冠婚葬祭など、思わぬ出費に振り回されることは多いもの。
しかし、カードローンをうまく利用すれば、必要な金額を必要なときにスムーズに用意できます。

カードローンの審査を不安に感じる人もいますが、定期的に収入があり、過去に返済トラブルなどの履歴がなければ問題ありません。
従来の消費者金融系カードローンには暗いイメージがありましたが、最近では手続きがスピーディに、短期間の融資なら金利ゼロという会社も増えてきました。

きちんと返済計画を立て、カードローンをスマートに活用。急な出費にもぶれないマネーライフを送りましょう。