主婦でも借りられるローンがある

会社員でなくても、専業主婦の人でも急にお金が必要になることがあります。
日常生活の中で、近所付き合いや友達との付き合い、身だしなみに洋服や化粧品類なども買わなければなりません。
しかし、日々の生活で節約などをしていて自分が使えるお金が少なくなっていくのは必然です。
専業主婦の方でも、節約ばかりしていてはいつかは嫌になってしまいます。
最近専業主婦専用のカードローンが注目されています。
この専用カードローンを利用している人は非常に多くいます。
日々の生活の中で、ちょっとしたことに使えるローンはとても重宝するはずです。
日常生活を助けるパートナーとして、興味がある方はインターネットで調べてみるのもいいかもしれませんね。
承認 非承認

土日OK、即日融資の銀行系カードローン?!

例外的に、土日でも申し込めて、即日融資もしてくれる銀行系カードローンが数社あります。

たとえば新生銀行カードローン。土日の審査は午後9時50分までです。自動契約機がありますので、当日中のカード発行も可能です。

他には、三菱東京UFJ銀行バンクイックもあります。土日の審査は午前9時から午後5時ですが、審査にかかるのは30分ほど。
遅くとも、午後4時ごろには申込みをすませた方が無難です。

どちらのカードローンも、希望する金額が100万円以下の場合、運転免許証だけで融資を受けられるのが嬉しいポイントです。
100万円を超える金額は、収入証明書を用意すれば借りることができます。

銀行系、消費者金融系、有利なのは?

きちんと計画を立ててお金を使っている人でも、思いがけない突然の出費はあるものです。
急に飲み会に誘われたり、冠婚葬祭などもあります。
自分の買い物のお金はなんとか節約できても、おつきあいのお金を節約するわけにはいきません。

そういったとき、強い味方となるのがカードローンの即日融資です。
土日など金融機関の利用方法が限られるときでも、カードローンなら大丈夫。
早めにネットで審査を申し込んでおけば、その日のうちに即日融資を受けることができます。

銀行系ならともかく、メジャーな消費者金融系カードローンは、曜日に関係なく即日融資が可能です。
土日は店頭での受付を行っていませんから、ネットで審査を申し込み、自動契約機を利用して、融資されたお金を引き出すという手順になります。

消費者金融系カードローンの特徴

「即日融資」「1秒審査」などの宣伝を、見かけたことがありませんか?消費者金融系のカードローンは、銀行よりも審査が早く済むようです。
携帯電話やスマホ、パソコンから申し込めるので、いつでもどこでも必要なとき、必要な金額をスムーズに間に合わせることができます。

ネットで必要事項を送信すると数秒で仮審査が行われ、仮審査の完了を知らせるメールが届きます。
カードローンの会社によっては、この仮審査だけでも融資を受けられることがあり、その日のうちに融資が行われます。

仮審査後に、本審査が行われます。書類に必要事項を記入し、本人確認書と一緒に郵送すると、本審査を受けることができます。
郵送した書類がカードローン会社に届くと同時に、カードローン会社から本人を確認するための電話が来ることが多いようです。

即日融資を受けるには、午前中に申込みをスタート!

平日でも週末でも、カードローンで即日融資を申込みたいときは、午前中にネットで審査を済ませておきましょう。

平日の場合、必要書類などが揃えやすいので、土日にくらべて手続きがスムーズです。
土日や祝日は揃えにくい書類があるし、銀行系カードローンでは土日の融資は原則行っていません。

また、平日だからといって夕方や夜間に申し込んだ場合、当日中に即日融資が間に合うカードローンはなさそうです。

ネットを利用することにより、とても利用しやすくなったカードローン

お金が必要なときに、利用することができるカードローンはとても重宝します。
普段お金の使い方を注意している人でも、お金が足りなかったり、急に必要になったりするものです。
ピンチのときに、カードローンをうまく利用することで、生活を安定させることができます。
カードローンからお金を借りる以外にも、友達や家族から借りることもできますが、今日中に用意してといってもほとんどの人が無理だと思います。
カードローンは、時間的にもそうですが、周りとの付き合いも悪くならないように考慮することもできます。
しかし、借りた分だけ利息はしっかりと払わなければなりません。
ですので、むやみやたらに借りるのではなく、必要な時だけしっかりと計画を立てて借りてください。
カードローンを利用するには、申し込みの際に必ず審査をしますし、その審査に通らないと当然利用することができません。
審査方法は会社によって違うので、もし落ちた場合には他の会社に申し込みをしますが、その情報は他の会社も見ることができるので、新たな会社での審査にも影響するかもしれません。
ですので、申し込みをする際には、いろんなところに申し込みをするのではなく、なるべく的を絞って申し込みをしましょう。
最近インターネットでの申し込みができるようになったことにより、申し込みをする際に準備段階として利用者が簡単に借入れができるかどうかの簡易版の審査ができる会社も増えてきました。
利用者が簡易審査をすることで、申し込みができるかどうかの判断をするのですが、もしもこの簡易審査で落ちた人は、あきらめて他の会社を受けたほうが良いでしょう。
会社によって審査方法などがちがうので、希望はありますし、審査通過後の返済シュミレーションをしてくれるところもあります。

ブラックでもキャッシングが必要、という場合

ブラックリストに載る基準とは
ブラックリストに載ってしまうのは、どういった時でなのでしょうか。
まず、消費者金融から借り入れたお金を3ヶ月以上延滞した人です。
また、信用機関に「金融事故」として記録されている場合もブラックリストに載ります。
「金融事故」とは、返済できずに保証会社に立て替えてもらったり、業者から強制的に契約を解除されたり、自己破産したり、といった場合のことです。

ブラックリストでも融資を受けられる条件は以下のようなものです
-条件1
ブラックリストに載ってしまうと、もうどこでも融資は難しように思われるかもしれません。
しかし、ブラックリストに載っていても、可能な場合もあるようです。大手は難しい場合が多いようですが、中小消費者金融などでは、やはり借りてもらっていくらの商売ですので、比較的審査基準が甘い場合もあるのです。しかし、その場合にも、返済できるかどうかというのはとても重要な審査ポイントになりますので、まずは安定した収入があることが大切です。

-条件3
他には、「きちんと電話が受けられる状態であること」です。即日融資が可能な会社などではさらに、電話で連絡がとれる状態であることが重要視されるのです。
常識的に考えても、ブラックリストなうえに債務超過で、仕事もなく、電話にも出ないとなると、融資は難しいことでしょう。
逆に、仕事があり、きちんと電話にも出れる状態であれば可能性がないわけではないのです。

申し込みを早めにすれば、当日中には借入れOK

会社によってはスコアリング方式という審査基準を設けている会社があります。
実績評価でのシンプルな審査方法なので、とてもわかりやすいのですが、会社によって合格ラインは違います。
会社側は信用情報機関の情報を見て融資可能かどうかの判断をします。
申し込みをする人のほとんどが、今すぐにお金が必要な人が多いと思いますが、実際には審査に通らなければお金を借りることができません。
利用者の利便性を上げるために、スピーディーに審査をしてなる早く借入れができるようにしています。
最近では、1秒で審査完結させるプランまで出てきました。
急にお金が必要になったときに、どこの会社に申し込みをすればよいかわからない人は、プロミスをお勧めします。
もし午前中、遅くても14時までにネットで申し込みをする事ができれば、審査通過後すぐに借入れができるので、当日中にはお金が振り込まれていることも可能です。

会社ごとに違う、審査の基準

その業者の基準を満たせば融資は可能
法律が改正される前に比べ、キャッシングの審査基準は厳しくなりました。
しかし、業者によって独自の基準をもうけているため、同じ条件で申し込んでも、大丈夫な審査が甘い業者と、そうではない業者があることもまた、事実なのです。その業者の基準を満たす事が大切なのです。

-それぞれの特色を知ることが大切
最近では、インターネットで申し込んで銀行口座に振り込みをしてくれる便利な消費者金融などをはじめ、事前に準備する書類がきちんとしたものであれば電話連絡がない業者や、町中にATMがたくさんあり、返しやすい業者など、一口に消費者金融といっても、さまざまな特色があります。
さらにキャッシングの際の融資枠や金利もそれぞれ設定が異なります。
サービスと、審査の通りやすさ、金利等、さまざまな特色をよく調べて、自分に一番良さそうなところに申し込むと良いでしょう。

まずネットで審査、次に無人契約機へ

ネットでカードローンを申し込み、審査を通過すると、銀行口座へ融資のお金を振込む手続きが行われます。

次にキャッシングカードを受け取ることになりますが、方法は二つあります。

一つは郵送です。自宅まで郵送でキャッシングカードが届きます。

もう一つの方法は無人契約機。無人契約機に行って、そこで発行することも可能なのです。
発行後、すぐにそのカードを使って、ATMでお金を引き出すことができます。

この無人契約機は、土日でも営業しています。
土日であっても、早めの時間帯にネット審査を申し込んでおけば、当日中に即日融資が受けられるのです。

消費者金融系カードローンならではの特徴は?

一般の消費者にお金を融資してくれる会社は、銀行、消費者金融、クレジットカードなどがあります。

ですが銀行は、カードローンという業務一つだけで営業しているわけではありません。
個人や団体の預金を管理したり、ATMを利用したときの手数料など、さまざまな業務を同時進行で行うことで利益を得ています。
クレジット会社も、カードを利用したときの手数料などを利益として営業しています。

消費者金融の場合、業務が一つきりであるのが通常です。
お金を貸し、貸した期間に応じて金利を得ることで営業していますから、サービスが徹底しています。

カードローン初心者が多いのは、土日祝日?!

カードローンを申し込もうと思いつく人が多いのは、土曜日と日曜日だそうです。
仕事が休みなので手続きする時間が取りやすいし、休日でイベントや飲み会に出かける人が多いためでしょうか。

ところが同じカードローンでも、銀行系は週末の融資をやっていません。
土日あるいは祝日でも、申しこんだ当日中に即日融資してくれるのは、消費者金融系のカードローン会社です。

午前中に申込めば、その日のうちに融資されたお金を受け取ることが可能。便利この上ないシステムです。

でも、カードローンが土日に営業しているとしても、自分の勤務先が休日だと融資されないのでは?と思いがちです。

最近では、勤務先が休みでも在籍確認をとってくれるカードローン会社があります。
勤務先が発行する保険証や給与明細などを提示すると、在籍確認のかわりとして、融資を受けられることがあるのです。

カードローンで、土日の冠婚葬祭も安心!

初めてカードローンを申し込んだ理由で多いのが、冠婚葬祭です。
おつきあいのお金なので減額するわけにはいかないし、あらかじめ用意しておけばいいのですが、そのうちにと思ったきり忘れてしまったり。

しかも、週末に冠婚葬祭があることを思い出しても、それが金曜日の夜だったりすると、
お金を下ろせるATMが限られたり、週末なので混んでいて使いにくかったりします。

消費者金融系カードローン会社であれば、土日に即日融資を受けることが可能です。
思わぬお金がかかるのが冠婚葬祭ですが、まぎわになって思い出しても、必要な金額をスムーズに間に合わせることができます。

3.まずネットで審査、次に無人契約機へ

ネットでカードローンを申し込み、審査を通過すると、銀行口座へ融資のお金を振込む手続きが行われます。

主婦やアルバイトでも希望のキャッシング額が通るコツがあります

定職のない主婦やアルバイトだったり、今もすでに借り入れがあるのだけどさらにキャッシングしたい、という方もいらっしゃることでしょう。
そういった方でも、キャッシングの審査が通りやすくなる方法があることをご存知ですか?
まず、これまでキャッシングしたことのない会社に初めて審査をお願いする場合には、例えば、10万円ぐらいと、申込額を低く申請します。審査に通る確立は、過去に延滞していたり、ブラックリストに載っていたりということがなければ審査に通る確立はかなり高いはずなのです。

-限度額は返済などの実績で変わっていきます
その方法でうまく借り入れが出来た場合、一度借り入れをし、きちんと期日までに返済する、ということがまずはとても大切です。
なぜなら、きちんと返済して実績を築くことで、その後融資の金額を上げてもらえる可能性が高いからなのです。
きちんと返済をしていれば、定職のない主婦やアルバイトであっても、その消費者金融からは信用を得る事ができるのです。もちろん、融資額を上げるにはまた別の審査がありますので一概には言えませんが、信用と実績があれば審査が甘くなる傾向はあるのではないでしょうか。ですから、まずは低い額であっても審査を通してもらい、融資を受け、返済する事が大切なのです。